診断の精度を高める歯科用CT

歯科用CTCT(Computed Tomography)は、コンピューターでデータ処理と画像解析を行うエックス線診断装置です。歯科用CTは歯科に特化したCT装置で、被ばく量が少なく、かつ歪みの少ない繊細な画像を3D(三次元)で再現することができます。当院では、スイッチ一つでCT撮影とパノラマレントゲン撮影の切り替えができる「カボ(KaVo)の歯科用CT」を導入し、診断の精度を高めています。

通常のパノラマレントゲン写真とCT診断装置との違いは、画像の精度です。レントゲン写真では、撮影画像が平面的(二次元)に表示されるので、ドクターは頭の中で立体化して読み取る必要があり、精密な診断を行うことが困難です。
歯科用CTは、画像そのものを立体的(三次元)に表示するため、口腔内の奥行や骨の状態、小さな病変まで正確に写し出し、的確な診断を行う上でとても有効です。

カボの歯科用CTの特徴CT
クリックで拡大します

この歯科用CT装置は、CT撮影とパノラマレントゲン撮影の二つを使い分けることができ、頭部全体を撮影できる装置です。患者さまの症状に合わせて撮影範囲の調整ができ、事前にプレビューすることで撮影ミスが減り、被ばく量を最小限に抑えることができます。歯科用CTの導入により、レントゲン撮影だけでは判断がつきづらかったインプラント治療や矯正治療、根管治療(歯根の先の病変)、親知らずの抜歯(生えている方向や神経との距離)なども詳細に確認でき、精度の高い診断が可能になります。

歯科用CTまた、矯正治療においては、頭部全体が撮影できるので骨格から診断することができ、安全な治療を提供することを可能にします。

矯正歯科はこちら

精密治療を実現するマイクロスコープ

マイクロスコープマイクロスコープは、医科の脳神経外科手術でも使用されていますが、歯科治療にも使用される高性能の顕微鏡です。肉眼では見えにくい患部や細かい作業を必要とする場合に、マイクロスコープを見ながら治療を行います。患部を3~20倍まで拡大できるので、根の先や根管内などミクロ単位の部分もはっきり見ることができ、精密な治療が可能になります。

マイクロスコープは、根管治療や歯周外科治療など精密さを必要とする治療で威力を発揮します。例えば、アメリカの根管治療専門医の治療においては、マイクロスコープの使用が義務付けられているほどです。残念ながら日本での導入については遅れを取っていますが、今後の普及に期待が高まっています。

当院では「ライカ製のマイクロスコープ」を導入しております。ライカは一眼レフカメラや双眼鏡のレンズで知られるドイツの光学機器メーカーです。患部をより精密に確認でき、その優れた操作性と光学性能から、高い評価を得ているマイクロスコープです。

根本治療を支える最新設備

拡大鏡拡大鏡
拡大鏡は双眼レンズのついた眼鏡です。拡大鏡をつけて治療を行うと、患部を拡大して見ることができます。当院では、ドイツのカールツァイス製の5倍の拡大鏡を使用しております。カールツァイスは世界的に有名なドイツの電子光学機器メーカーです。特にカメラレンズの品質には定評があり、拡大鏡にはその技術をふんだんに取り入れております。

口腔内カメラ口腔内カメラ
口腔内を撮影する歯科用の口腔内カメラです。治療中にむし歯、歯周病患部や手術結果の写真をモニターに映し出してご覧いただくことで、患者さまにも歯の状態を把握していただきます。また、前歯などの被せ物の治療を行う場合、歯の色の写真を撮影し技工士にわたすことで、患者さまの歯の色に合った被せ物を作ることができます。

位相差顕微鏡位相差顕微鏡
位相差顕微鏡は、口腔内に潜んでいる細菌を確認するための顕微鏡です。主に歯周病菌の種類・量や活動状態を知ることができます。

クリーンで快適な治療を実現する院内環境

クラスB滅菌システムクラスB滅菌システム
ヨーロッパ規格EN13060のクラスB基準を満たした滅菌器(オートクレーブ)を導入しております。ヨーロッパ規格は基準が厳しく、その中でももっとも厳しい基準を設けているのが、クラスB基準です。この基準を満たしている滅菌器は、「あらゆる種類の器具を安全に滅菌できる」とされています。

オートクレーブは、高圧水蒸気で滅菌する装置です。庫内の空気を抜きながら高圧水蒸気を充満させる工程を繰り返し、器具の内部までいきわたらせて隅々まで滅菌します。クラスB基準の滅菌器の使用により、院内感染のないクリーンで安全な治療をお約束します。

クラスS滅菌システム
短時間で滅菌できるヨーロッパ規格に適合したクラスSタイプの高圧蒸気滅菌器も設備しています。使用頻度が高い器材もすぐに対応できるようにしております。

ハンドピース自動注油機器ハンドピース自動注油機器
ハンドピースなどの歯を削る切削器具は、非常に精密な内部構造になっており、使用後は内部に唾液や血液などが付着していて完全な洗浄が難しい器具です。車の部品などにも注油が必要なように、この機器は、洗浄から注油までをオートメーションで行い、ハンドピースの内部に残っている汚れを完全に洗浄し注油することで、もとの新品に近い状態で使用することを可能にします。

ジェットウォッシャージェットウォッシャー
使用済みの治療器具に付着した汚れをジェット噴流で洗い流す装置です。高圧洗浄により、器具に付着した汚れを落として乾燥まで行っております。これにより、これまでの洗浄機では不可能だった、構造の複雑な治療器具の汚れも強力に洗浄できるようになりました。

ストレスの少ない治療を実現

快適で衛生的なユニット(診療台)ユニット
診察室は全室個室で、診察台にはドイツ製のKaVoのユニットシステムを設置しています。このユニットの大きな特長は、快適性と衛生管理にあります。

●背中に優しいユニット(診療台)
背中に優しい姿勢を追求し、長時間の治療でもリラックスできる姿勢が取れる設計です。脊椎健康推進協会より歯科業界初の「背中に優しい認定」を取得しています。

●衛生管理ユニット
ユニットで使用する水は一つの水路管でつながっていますが、衛生管理が難しく、管理が十分でない状態で使用すると汚れた水が循環して不衛生です。KaVoのユニットは自動水洗浄機能を搭載し、水路管内を低濃度の過酸化水素で徹底的に水消毒します。これにより、治療で使う水からお口をすすぐ水まで、すべての水が衛生的になり、クリーンで安全な治療が実現します。

口腔外バキューム口腔外バキューム
診察室の中は目には見えませんが、歯を削った削りカスや唾液・血液などが飛び散っています。口腔外バキュームは、空気中に飛び散った浮遊物を吸い取る吸引機です。お口の中を吸い取る口腔内バキュームと、口腔外バキュームをダブルで使用するため、細菌や汚れが空気中に飛び散ることがありません。これにより診察室の中は、クリーンで安全な環境が保たれています。

生体モニター(パルスメーター)生体モニター
患者さまの心拍数や血圧などを確認する装置です。インプラント治療や外科的手術の際、全身状態をリアルタイムで確認するので、体調が急変しても適切な対応を行うことができます。高血圧や心疾患などをお持ちの方でも、安心してインプラント治療や外科手術を受けていただけます。

AED(自動体外式除細動器)AED
AEDは自動体外式除細動器と呼ばれる心肺蘇生装置です。心肺停止状態になった際、電気ショックを与えて心臓のリズムを整えて蘇生させます。AEDを院内に設置しておりますので、万が一の場合でも当院スタッフが迅速に対応いたします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております