なるべく歯を抜かずに長持ちさせる治療

なるべく歯を抜かずに長持ちさせる治療

むし歯がひどくなり、抜歯するしか方法がないと診断されると、誰もがショックを受けることでしょう。確かにむし歯が悪化すると治療が難しくなり、最悪なケースは抜歯となります。そうなる前に早めに治療をすれば、大切な歯を失わずに済むのです。

当院の治療は、なるべく長持ちさせる治療です。削る量を最小限に抑えた「ダイレクトボンディング治療」や専門ドクターによる精密な「根管治療」など、お口全体を総合的に診断し、症状に合わせたベストな治療を提案いたします。担当医や専門ドクターが総力をあげて患者さまの歯をお守りいたします。歯のトラブルでお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

【ダイレクトボンディング】なるべく削らない治療

ダイレクトボンディングむし歯治療において、再発を防ぐためにむし歯を完全に取り除くには、歯を大きく削らなければなりません。削る量が増えて神経を取ることになると、歯の寿命は短くなってしまいます。当院では、削る量をなるべく抑えた、ダイレクトボンディング治療を行っております。

ダイレクトボンディング治療は、歯科用プラスチック(レジン)を、特殊な接着剤で直接盛り付けて歯の形を回復する治療法です。一般的な接着剤は、歯と詰め物をセメントで合着させるため、時間経過とともに、セメントが溶けて詰め物が取れてしまうことがあります。ダイレクトボンディングで使用する接着剤は、化学反応で歯と接着するので、接着剤が溶けたり外れたりすることがほとんどありません。

エナメル質から象牙質に達したむし歯(C1~C2)までのむし歯でしたら、ダイレクトボンディングで治療ができ、削る量を最小限に抑えることができます。保険適用のセメントに比べると接着力が非常に強く、時間が経って溶け出してくることがありません。歯と被せ物間の隙間(セメントスペース)がなくなるので、汚れや細菌が溜りにくくなり、治療跡からの再感染リスクを防いで、歯を長持ちさせることができます。

※ダイレクトボンディング治療は自費診療になります。

【根管治療】高度な治療で歯を残す

高度な治療で歯を残す根管治療は歯を残す最後の砦ともいわれる治療ですが、緻密で確実な処置が求められる治療です。再発を防ぐためにも、精密な診断と高度な専門技術、万全の衛生管理が求められます。とはいえ、根管内部は暗くて狭く、根の管は複雑に分れているため、肉眼では認識できません。レントゲン写真だけでは診断が難しく、診断の精度を高めるためにはCT診断が不可欠です。当院では、CT診断により診断の精度を高めています。さらにマイクロスコープによる精密治療を行うことで、成功率を高めています。重度の根尖病変がある場合は専門ドクターと連携しながら、高度な根管治療の提供に努めております。

根管治療はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております