総合的な診査・診断で治療の可能性が広がります

総合的な診査・診断歯科用CTは、総合的な診査・診断で欠かせない存在です。CTで撮影すると、レントゲンでは得られない情報が得られ、正確な診断ができるようになります。例えば親知らずの診断をする際においては、レントゲンだけでは抜歯が難しいケースでも、神経や血管の位置を三次元的に正確に把握できるので、安全で正確な抜歯が可能となります。

歯科用CTはお口全体を立体的(3D)に捉えることができ、口腔内の奥行、顎骨、根の状態が詳細に分かります。インプラント治療や矯正治療、根管治療などの診断をする際に見落としを限りなく少なくすることができ、安全で確実な治療を可能とします。また、あらゆる角度から診断を行うので、治療の選択肢も広がります。特に、根管治療やインプラント治療は、レントゲンだけでは正確な診断がつきにくく、状態によっては治療が望めないと判断されるケースも珍しくありません。当院のCTは頭部全体を撮影できる高性能の歯科用CTです。他院では治療が難しいと診断された方でも、CTで診断を行えば状況が変わってくることもあります。親知らずの抜歯、根管治療、またインプラント治療を諦める前に、ぜひ当院にご相談ください。

快適な院内環境と治療設備はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております