診断の精度を高める歯科用CT

歯科用CTCT(Computed Tomography)は、コンピューターでデータ処理と画像解析を行うエックス線診断装置です。歯科用CTは歯科に特化したCT装置で、被ばく量が少なく、かつ歪みの少ない繊細な画像を3D(三次元)で再現することができます。当院では、スイッチ一つでCT撮影とパノラマレントゲン撮影の切り替えができる「カボ(KaVo)の歯科用CT」を導入し、診断の精度を高めています。

通常のパノラマレントゲン写真とCT診断装置との違いは、画像の精度です。レントゲン写真では、撮影画像が平面的(二次元)に表示されるので、ドクターは頭の中で立体化して読み取る必要があり、精密な診断を行うことが困難です。
歯科用CTは、画像そのものを立体的(三次元)に表示するため、口腔内の奥行や骨の状態、小さな病変まで正確に写し出し、的確な診断を行う上でとても有効です。

カボの歯科用CTの特徴CT
クリックで拡大します

この歯科用CT装置は、CT撮影とパノラマレントゲン撮影の二つを使い分けることができ、頭部全体を撮影できる装置です。患者さまの症状に合わせて撮影範囲の調整ができ、事前にプレビューすることで撮影ミスが減り、被ばく量を最小限に抑えることができます。歯科用CTの導入により、レントゲン撮影だけでは判断がつきづらかったインプラント治療や矯正治療、根管治療(歯根の先の病変)、親知らずの抜歯(生えている方向や神経との距離)なども詳細に確認でき、精度の高い診断が可能になります。

歯科用CTまた、矯正治療においては、頭部全体が撮影できるので骨格から診断することができ、安全な治療を提供することを可能にします。

矯正歯科はこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております