高度な麻酔

高度な麻酔当院では、インプラント手術や外科的な処置を行う際、術中の痛みや緊張、ストレスを緩和するために、麻酔科医による静脈内鎮静法による手術を提案させていただいております。歯科恐怖症や嘔吐反射が強く、通常の麻酔注射では治療が難しい場合は、事前にご相談ください。静脈内鎮静法を使用することで、麻酔注射だけでは取り除けない不安や緊張を緩和し、快適な状態で治療を受けられるようになります。

静脈内鎮静法
麻酔科医が鎮静の深さをコントロールしながら行う、高度な静脈内鎮静法を使用しております。静脈内鎮静法とは、鎮静効果のある薬を静脈内に点滴する麻酔法です。点滴して数分経つと、うとうとしてきて治療中の痛みや不安をほとんど感じなくなります。眠っているような状態になりますが、全身麻酔とは異なり意識はあるため麻酔の量をコントロールすることでドクターの呼びかけや質問にも答えることができます。また、健忘効果があるので治療中の記憶が残らず、実際の治療時間よりも短く感じられます。入院などもすることはなく、少しお休みいただき当日ご帰宅することができます。

静脈内鎮静法を使用することで、痛みや不安のないリラックスした状態で治療ができ、治療中の記憶がないためトラウマを残すことがありません。

麻酔科医が状態を見ながらコントロールします高度な麻酔
静脈内鎮静法を行う際は、麻酔科医が心電図や血圧を測定して患者さまの全身状態を常に確認しながら、治療の流れに合わせて麻酔の量をコントロールしていきます。万全の体制を整えておりますので、万が一体調に変化があっても、麻酔科医が迅速に対応いたします。また、高血圧などの持病をお持ちの方でも、静脈内鎮静法を使うことにより、血圧や脈拍が安定し、安全な状態で治療を受けていただけます。

<静脈鎮静法が適している方>
・インプラント手術など、痛みの不安やストレスが強い治療を受ける方
・通常の麻酔では治療が難しい方
・歯科恐怖症や嘔吐反射の強い方
・高血圧などの持病をお持ちの方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております