【ダイレクトボンディング】なるべく削らない治療

ダイレクトボンディングむし歯治療において、再発を防ぐためにむし歯を完全に取り除くには、歯を大きく削らなければなりません。削る量が増えて神経を取ることになると、歯の寿命は短くなってしまいます。当院では、削る量をなるべく抑えた、ダイレクトボンディング治療を行っております。

ダイレクトボンディング治療は、歯科用プラスチック(レジン)を、特殊な接着剤で直接盛り付けて歯の形を回復する治療法です。一般的な接着剤は、歯と詰め物をセメントで合着させるため、時間経過とともに、セメントが溶けて詰め物が取れてしまうことがあります。ダイレクトボンディングで使用する接着剤は、化学反応で歯と接着するので、接着剤が溶けたり外れたりすることがほとんどありません。

エナメル質から象牙質に達したむし歯(C1~C2)までのむし歯でしたら、ダイレクトボンディングで治療ができ、削る量を最小限に抑えることができます。保険適用のセメントに比べると接着力が非常に強く、時間が経って溶け出してくることがありません。歯と被せ物間の隙間(セメントスペース)がなくなるので、汚れや細菌が溜りにくくなり、治療跡からの再感染リスクを防いで、歯を長持ちさせることができます。

※ダイレクトボンディング治療は自費診療になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております