当院が考える安全で安心なインプラント手術

安全なインプラント治療とは?

今日医療技術が向上し、インプラント手術でも痛みや腫れ、出血の少ない低侵襲性の手術が主流になってきました。それでも一般的な治療とはまったく違うため、インプラント治療に対して不安をお持ちの方も少なくないでしょう。

当院が考える安全で安心なインプラント治療は、的確な診断とストレスのない正確な手術です。それを実現するために、歯科用CTや静脈内鎮静法、サージカルガイドを使った手術に取り組んでおります。

CTによる精密な診査・診断

CTインプラント治療において最も重要なのは、的確な診断です。これまではレントゲン写真による診断が一般的でしたが、骨の量や全体の位置関係などの正確な診断は難しく、より詳しい情報を得るには、大学病院や専門機関などでのCT撮影が必要でした。そのデータがクリニックに届いてから主治医の診断を受けるため、煩わしさを感じる方も少なくありません。当院では歯科用CTを導入し、正確でスピーディな診査・診断を行っております。

口腔内を立体的に診断
レントゲンで撮影した口腔内写真は二次元的で平面的な画像です。骨の形や大きさ、距離、全体の位置関係を把握するのが難しく、ドクターは頭の中で立体的な形に置き換えて想像しなければなりません。CTで撮影した画像は、口腔内を水平・垂直・斜めの立体的(三次元)に再現しているので、全体の位置関係や骨の状態が明確になり、インプラントの埋入位置を正確に診断することができます。

CT診断の際もう一つ大切なことは、顎骨の中にある神経や血管の位置です。誤って傷つけてしまうと、神経麻痺や大量出血などのトラブルを引き起こし兼ねません。CT撮影をすることで血管や神経の位置まで正確に確認することができ、術中の危険を回避することができます。CT撮影は、インプラント手術の際に必須なものです。

インプラント埋入位置を正確にシミュレーション
CT撮影した画像を専用ソフトで解析すると、コンピューター上でインプラント埋入位置をシミュレーションすることができ、術後のイメージが患者さまにも伝わりやすくなります。また、CTによるシミュレーションデータをもとにサージカルガイドを作ることができ、安全で確実なインプラント手術を可能にします。

快適な院内環境と最新設備はこちらへ

ステントで正確な位置を確認するステント
CT撮影を行う前に、歯型の模型を元にマウスピース型の診断用ステントを作り、それを装着した状態で撮影します。ステントとは、インプラント埋入位置を正確に診断するための補助器具です。ステントを入れた状態でCT撮影を行うと、インプラント埋入予定の部分の骨の状態や幅、高さを正確に診断でき、安全に埋入できるインプラント体の長さや大きさ、骨造成手術の必要性なども正確に把握することができます。

ステントを使用しなくても、インプラント手術は可能ですが、診断の正確さが欠けるうえに危険が伴う恐れもあります。より安全で確実なインプラント手術を提供するために、当院ではステントを使ったCT診断を必ず行っております。

静脈内鎮静法で全身管理

パルスメーター手術の際の痛みやストレスを軽減するために、静脈内鎮静法を導入する歯科医院が増えてきました。静脈内鎮静法は、鎮静効果のある麻酔薬を静脈内に点滴する高度な麻酔法です。深い鎮静効果がありますが、患者さまの全身管理が必要で、高度な麻酔技術が必要です。当院のインプラント手術では麻酔医の立ち会いのもと、手術の流れに合わせて麻酔の量をコントロールしていきます。術中はパルスメーターで心電図や血圧をリアルタイムで測定しているので、急な血圧変動や心拍数の上昇が起きても適切な処置を迅速にとることができます。経験豊富な麻酔科医が、痛みやストレスのないインプラント手術をサポートいたします。

静脈内鎮静法とは
麻酔法の一つで、鎮静効果の高い麻酔液を静脈内に点滴で入れて、麻酔を効かせる方法です。麻酔が効いてくると眠ったような状態になりますが、全身麻酔と違って意識があり、麻酔の量を調整することで医師の呼びかけにも反応できます。健忘効果もあるので術中の記憶はほとんど残りません。恐怖心や嘔吐反射の強い方でもストレスの少ない手術が可能です。特に高血圧などの持病をお持ちの方は、血圧や心拍数が安定しますので、静脈内鎮静法をおすすめしております。入院なども必要ありません。

痛みの少ない治療はこちらへ

サージカルガイドを用いた安全な手術

サージカルガイドインプラント手術は、事前にCTやステントを見ながらシミュレーションを繰り返して埋入位置をイメージし、その記憶を元に施術します。シミュレーションがしっかりできていればトラブルの心配は少なくなりますが、術中は何が起きるか分かりません。万が一埋入位置がズレてしまうと、術後、様々なトラブルが生じます。わずかにズレただけでも上手くかみ合わなくなり、噛んだ際にインプラントに負担がかかると、壊れる原因にもなり兼ねません。手術の際のトラブルを回避するために、当院ではサージカルガイドを使ったインプラント手術を行っております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております