自分の歯を移植して歯を長持ちさせる

自家歯牙移植

むし歯や歯周病が悪化した歯をそのまま放置しておくと、歯を支えている骨を溶かしたり、他の歯に悪い影響を与えてしまうため、保存が不可能な歯は抜歯をします。その後、かみ合わせを回復するために、抜歯した部分に何か補うものを必要としますが、その選択肢の一つに自家歯牙移植があります。自家歯牙移植(歯の移植)は、かみ合わせに関与していない自分の歯を他のところへ移植する治療法です。一般的には親知らずを利用しますが、矯正するために抜歯した歯や顎の中に埋まっている埋伏歯を利用することもあります。自家歯牙移植をすると、以前からある歯と同じように機能し、状態がよければ10年、20年と、長期にわたって使い続けることができます。

天然の歯に勝る治療はありません
同じようなかみ合わせを回復する方法としてインプラント治療がありますが、人工物を顎骨の中に埋入するため、大掛かりな手術を要します。よって、患者さまにとっては負担が大きい治療になります。また10代の方は、まだ顎骨の成長があるため適応外です。もちろん、自家歯牙移植も移植をする歯の状態によって予後が左右されますが、ご自身の歯を用いるので拒絶反応の心配がなく、歯と骨がしっかり結合すれば長期間安定した状態を保つことができます。

どんなに優れた治療でも、天然の歯に勝る治療はありません。当院では、口腔内全体を総合的に診断した上で、自家歯牙移植が適していると判断した場合には、ご提案いたします。

歯牙移植とインプラント治療の違い

歯牙移植とインプラント治療の違い最大の違いは歯根膜が残っているかどうかです。

歯根膜とは、歯根と歯槽骨(歯を支えている骨)の間に存在し、歯と骨を繋いでいる繊維性の組織のことです。歯周靭帯とも呼ばれます。これがあることで、噛みごたえを感じたり、噛んだ際に歯に伝わる力を調整したりする働きもあります。

インプラント治療
インプラント治療では、顎骨の中に人工歯根を埋入するため、骨の質や量に左右され、不十分な場合は骨造成手術が必要となります。インプラント体には、生体親和性に優れたチタンが使用され、埋入後は天然の歯に近い噛み心地があります。歯根膜はありませんので、強く噛んでも感覚が伝わりません。顎骨の成長途中である10代の方は、顎骨の大きさが変わっていくため適応外となります。

自家歯牙移植
天然の歯を移植する際に、歯根の周りにある歯根膜も一緒に移植されるので、インプラントよりも適合性が高くなります。また、天然の歯とほとんど変わらない噛み心地があります。健康な親知らずなど、使用しない歯が残っている場合、インプラント治療と異なり、適応年齢に制限はありません。いくつかの条件が整わなければ移植は難しいですが、ご自身の歯を利用するため、拒絶反応の少ない治療法と言えます。

自家歯牙移植のメリット・デメリット

●自家歯牙移植のメリット
自家歯牙移植の最大のメリットは、歯根膜を一緒に移植できることです。抜歯を行うと、歯根膜が根の周りを覆っているので、歯根が乾燥しないうちに移植すれば歯根膜と一緒に移植を行うことができます。歯根膜を一緒に移植することで、インプラント治療では得られない食べ物の繊細な食感や噛みごたえを感じることができます。また、歯根膜は噛んだ際の力を吸収するクッションのような働きがあるので、強く噛んでも無理な力がかからず、長持ちさせることができます。

●自家歯牙移植のデメリット
歯牙移植は、移植する歯の状態に大きく左右されます。当然、むし歯や歯周病のない健康な歯であることが条件です。また、移植する歯の大きさは抜歯した部分に納まる程度の大きさでなければ移植は難しくなります。移植後は歯根膜が上手く付着せずに歯が脱落したり、何年か後に根が吸収されて、むし歯になるリスクもあります。こうしたリスクを充分に説明いたしますので、理解した上で、治療を受けてください。

自家歯牙移植のタイミング

最も理想的なタイミングは、即時型移植です。即時型移植とは、抜歯する歯と親知らずとを同時に抜歯し、すぐに移植する方法です。両方の歯根膜が残った状態で移植することで、治癒力が高まりより有利になります。ただし、状態によっては、移植のタイミングを遅らせる場合もあります。

移植のタイミングを遅らせる場合
●歯の大きさが合わない場合
元々の歯と移植する歯のサイズが合わない場合は、先に悪い歯を抜歯します。その後、抜いた後の傷の治りを待ってから、親知らずなどを抜歯して移植します。

●元々の歯に、根尖病変(根の先の病気)などがある場合
根尖病変などの治療をして骨の欠損が大きい場合は、骨の治りを待ってから、親知らずなどを抜歯して移植します。

歯牙移植はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております