保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違い

歯科治療を受ける際、保険診療と自費診療のどちらにすべきか判断に迷うことがあるのではないでしょうか。保険診療は日本独特の保険制度で、国民であれば誰でも同じ条件で治療が受けられます。治療費負担があるので、支払い額は一部です。大きなメリットではありますが、制度の枠を超えた質の高い治療は受けられません。一方の自費診療は、全額自己負担になるため治療費負担がかさみます。

自費診療が高い理由
治療費だけを見てしまうと確かに保険診療に比べて高額ですが、それなりの理由があるのです。

●保険診療
使用する材料や治療方法が全て決められていて、一定水準を越えた治療が受けられません。当然、インプラント治療や審美歯科のような精密で審美性の高い治療は対象外になります。

●自費診療
治療費や治療内容に制限がありません。良質な素材や材料が豊富で、患者さま一人ひとりのニーズに合わせて最適な治療法を選ぶことができます。もちろん、インプラント治療やマイクロスコープを使用した根管治療、審美歯科(セラミックなどによる治療)なども可能です。

自費診療は、費用面だけで考えると高く感じますが、歯や歯ぐきの適合が良く、耐久性があり、審美的にも良好で、長い目で考えると口腔内全体の健康を維持できる再治療の少ない治療です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております