CTによる精密な診査・診断

CTインプラント治療において最も重要なのは、的確な診断です。これまではレントゲン写真による診断が一般的でしたが、骨の量や全体の位置関係などの正確な診断は難しく、より詳しい情報を得るには、大学病院や専門機関などでのCT撮影が必要でした。そのデータがクリニックに届いてから主治医の診断を受けるため、煩わしさを感じる方も少なくありません。当院では歯科用CTを導入し、正確でスピーディな診査・診断を行っております。

口腔内を立体的に診断
レントゲンで撮影した口腔内写真は二次元的で平面的な画像です。骨の形や大きさ、距離、全体の位置関係を把握するのが難しく、ドクターは頭の中で立体的な形に置き換えて想像しなければなりません。CTで撮影した画像は、口腔内を水平・垂直・斜めの立体的(三次元)に再現しているので、全体の位置関係や骨の状態が明確になり、インプラントの埋入位置を正確に診断することができます。

CT診断の際もう一つ大切なことは、顎骨の中にある神経や血管の位置です。誤って傷つけてしまうと、神経麻痺や大量出血などのトラブルを引き起こし兼ねません。CT撮影をすることで血管や神経の位置まで正確に確認することができ、術中の危険を回避することができます。CT撮影は、インプラント手術の際に必須なものです。

インプラント埋入位置を正確にシミュレーション
CT撮影した画像を専用ソフトで解析すると、コンピューター上でインプラント埋入位置をシミュレーションすることができ、術後のイメージが患者さまにも伝わりやすくなります。また、CTによるシミュレーションデータをもとにサージカルガイドを作ることができ、安全で確実なインプラント手術を可能にします。

快適な院内環境と最新設備はこちらへ

ステントで正確な位置を確認するステント
CT撮影を行う前に、歯型の模型を元にマウスピース型の診断用ステントを作り、それを装着した状態で撮影します。ステントとは、インプラント埋入位置を正確に診断するための補助器具です。ステントを入れた状態でCT撮影を行うと、インプラント埋入予定の部分の骨の状態や幅、高さを正確に診断でき、安全に埋入できるインプラント体の長さや大きさ、骨造成手術の必要性なども正確に把握することができます。

ステントを使用しなくても、インプラント手術は可能ですが、診断の正確さが欠けるうえに危険が伴う恐れもあります。より安全で確実なインプラント手術を提供するために、当院ではステントを使ったCT診断を必ず行っております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております