静脈内鎮静法で全身管理

パルスメーター手術の際の痛みやストレスを軽減するために、静脈内鎮静法を導入する歯科医院が増えてきました。静脈内鎮静法は、鎮静効果のある麻酔薬を静脈内に点滴する高度な麻酔法です。深い鎮静効果がありますが、患者さまの全身管理が必要で、高度な麻酔技術が必要です。当院のインプラント手術では麻酔医の立ち会いのもと、手術の流れに合わせて麻酔の量をコントロールしていきます。術中はパルスメーターで心電図や血圧をリアルタイムで測定しているので、急な血圧変動や心拍数の上昇が起きても適切な処置を迅速にとることができます。経験豊富な麻酔科医が、痛みやストレスのないインプラント手術をサポートいたします。

静脈内鎮静法とは
麻酔法の一つで、鎮静効果の高い麻酔液を静脈内に点滴で入れて、麻酔を効かせる方法です。麻酔が効いてくると眠ったような状態になりますが、全身麻酔と違って意識があり、麻酔の量を調整することで医師の呼びかけにも反応できます。健忘効果もあるので術中の記憶はほとんど残りません。恐怖心や嘔吐反射の強い方でもストレスの少ない手術が可能です。特に高血圧などの持病をお持ちの方は、血圧や心拍数が安定しますので、静脈内鎮静法をおすすめしております。入院なども必要ありません。

痛みの少ない治療はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております