自家歯牙移植のメリット・デメリット

●自家歯牙移植のメリット
自家歯牙移植の最大のメリットは、歯根膜を一緒に移植できることです。抜歯を行うと、歯根膜が根の周りを覆っているので、歯根が乾燥しないうちに移植すれば歯根膜と一緒に移植を行うことができます。歯根膜を一緒に移植することで、インプラント治療では得られない食べ物の繊細な食感や噛みごたえを感じることができます。また、歯根膜は噛んだ際の力を吸収するクッションのような働きがあるので、強く噛んでも無理な力がかからず、長持ちさせることができます。

●自家歯牙移植のデメリット
歯牙移植は、移植する歯の状態に大きく左右されます。当然、むし歯や歯周病のない健康な歯であることが条件です。また、移植する歯の大きさは抜歯した部分に納まる程度の大きさでなければ移植は難しくなります。移植後は歯根膜が上手く付着せずに歯が脱落したり、何年か後に根が吸収されて、むし歯になるリスクもあります。こうしたリスクを充分に説明いたしますので、理解した上で、治療を受けてください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております