自分の歯を移植して歯を長持ちさせる

自家歯牙移植

むし歯や歯周病が悪化した歯をそのまま放置しておくと、歯を支えている骨を溶かしたり、他の歯に悪い影響を与えてしまうため、保存が不可能な歯は抜歯をします。その後、かみ合わせを回復するために、抜歯した部分に何か補うものを必要としますが、その選択肢の一つに自家歯牙移植があります。自家歯牙移植(歯の移植)は、かみ合わせに関与していない自分の歯を他のところへ移植する治療法です。一般的には親知らずを利用しますが、矯正するために抜歯した歯や顎の中に埋まっている埋伏歯を利用することもあります。自家歯牙移植をすると、以前からある歯と同じように機能し、状態がよければ10年、20年と、長期にわたって使い続けることができます。

天然の歯に勝る治療はありません
同じようなかみ合わせを回復する方法としてインプラント治療がありますが、人工物を顎骨の中に埋入するため、大掛かりな手術を要します。よって、患者さまにとっては負担が大きい治療になります。また10代の方は、まだ顎骨の成長があるため適応外です。もちろん、自家歯牙移植も移植をする歯の状態によって予後が左右されますが、ご自身の歯を用いるので拒絶反応の心配がなく、歯と骨がしっかり結合すれば長期間安定した状態を保つことができます。

どんなに優れた治療でも、天然の歯に勝る治療はありません。当院では、口腔内全体を総合的に診断した上で、自家歯牙移植が適していると判断した場合には、ご提案いたします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております