口腔内のバランスを考えたインプラント治療

インプラント治療

・入れ歯の煩わしさから解放されたい
・食べ物を噛んだ際の食感を、再び取り戻したい
・治療のために、他の歯に負担をかけたくない

もしこのようなお悩みがありましたら、一度、歯科医院でインプラント治療についてご相談されてはいかがでしょうか。インプラント治療は、歯を失った部分に人工の歯根を埋入することで、歯を補う処置です。

インプラント治療例えば歯を1本だけ抜歯した場合、ブリッジで機能を回復できますが健康な両隣りの歯を削らなければなりません。しかも、ブリッジにすると3本分の歯を2本の歯で支えるため、両隣りの歯に負担がかかり、さらに歯を失うことにもなりかねません。それに対してインプラント治療を行うと両隣りの歯への負担はなくなります。かみ合わせも安定するため、お口全体の健康を維持することができ、またブリッジは歯を連結しているのでフロスは通せませんが、インプラントでは従来通りフロスも通すことができ、清掃しやすくなります。

当院のインプラント治療は、口腔内全体のバランスを考えた治療です。CT画像で精密に診査・診断を行い、かみ合わせた際のバランスを綿密にシミュレーションするため、安全で確実な手術で自然な状態に仕上げます。顎骨の幅や高さには個人差があり、状態によって、そのままではインプラントの埋入が難しい場合もあります。そのような場合には高度な再生治療を施し、骨量を増やしてからインプラントの埋入を行うので、骨の量が不足している方でも手術が可能です。カウンセリングで詳しく説明いたしますので、インプラント治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

自然に噛み合うインプラント治療

インプラント治療インプラント治療のシミュレーションをする際、埋入する部分だけを考えて設計すると、全体の歯が上手く噛み合わなくなってしまいます。しっかりと噛み合うようにするためには、上下の歯が無理なく合うように設計することが大切です。当院では、ステントを用いたCT撮影で正確に診断し、自然に噛み合うポジションを考えて埋入位置を設計いたします。

骨造成でベストポジションを作る
骨の幅や量がないのにもかかわらず、無理にインプラント治療を行うと斜めにインプラントが埋入されてしまう場合があります。この状態になると、噛み合せた際の力が分散されてしまい、しっかりと噛めません。噛んだ際の力が均等にかかるためにも自分の歯が生えている方向と同じように真っ直ぐに埋入する必要があります。そのため自然にかみ合うポジションを探していくと、骨量のない場所がベストポジションになる可能性もあります。そのような場合はCGFやAGFによる再生治療や、 GBR(骨造成)で骨のない場所に骨を作り、上下の歯がしっかり噛み合う位置にインプラントを埋入します。

自然にかみ合うインプラント治療のメリット
自然に噛み合う位置にインプラントを入れると、力が垂直に加わってしっかり噛めるようになります。歯並びも自然な状態になるので、歯磨きやメンテナンスが楽になり、歯周病にもなりにくくなります。もちろん見た目もキレイになるので、口元の印象が美しくなり、若々しく見えるようになります。

CGFとAFGを用いた再生療法

CGFインプラント治療は、顎の骨の中にインプラント体を埋入するため、骨の状態がある程度よくなければ、手術が難しくなります。こうした場合でも再生治療を行うことで、インプラント治療が可能になります。当院では、CGFとAFGを用いた再生治療により、骨の量が足りない方もインプラント手術を行っております。

再生治療とは、骨の量を増やし新しく骨を作る治療法です。これまでの再生治療では、人工骨や自分の骨を移植したり、PRP(血小板血漿)などが使われたりしていましたが、添加物を含むために感染のリスクが懸念されていました。これに代わるのが、患者さまご自身の血液成分を使用するCGFとAGFです。

CGFとAGFは、患者さまから採取した血液を遠心分離器にかけて生成する成分で、抗凝固剤や凝固促進剤などの添加物を一切加えない、全自己採血由来のフィブリンゲルです。フィブリンはたんぱく質の一種であり、切り傷などができた際に成されて、傷口を修復します。再生治療では、骨の再生を誘導し、傷口の治癒を促進させるために、CGFやAGFを使用します。

●CGF(Concentrated Growth Factors)
CGFは採取した血液から抽出した、完全自己採血由来のフィブリンゲルです。成長因子や血小板を多く含み、骨充填剤や骨を増やす膜の代わりに使用します。

●AGF(Autologous Fibrinogen Glue)
抗凝固剤を加えていない、自然な状態に近い血漿(赤血球・白血球・血小板を除いた成分)です。骨充填剤と混ぜて骨の再生を誘導します。

メンテナンスでインプラントを長持ちさせる

メンテナンスインプラントは、人工物なのでむし歯にはなりませんが、ケアを怠っていると、インプラントの周りで歯周病菌が繁殖して、インプラント歯周炎を引き起こします。悪化するとインプラント体が動揺したり脱落したりする場合もあります。インプラントを長持ちさせるにはメンテナンスが不可欠です。毎日の歯みがきはもちろん、定期メンテナンスを受けることでお口全体の健康を維持できます。治療終了後には3~4か月毎のメンテナンスをお勧めしております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております