根管治療

根管治療

むし歯がひどくなると、根管内(歯髄と呼ばれる神経や血管が通っている細い管)に細菌が侵入して神経にダメージを与えます。病気が進行すると神経は壊死し、根の先に病変を作ります。最悪な場合は抜歯をしなければなりません。そうした悪化した歯を残す最後の砦ともいわれる治療が根管治療です。根管治療では細い器具を使い、壊死した歯髄や細菌などを除去・消毒して、歯の寿命を延ばします。

マイクロスコープを使った精密治療

マイクロスコープ根の治療は、時間も回数も掛かり大変な治療だと思っていませんか?根管内部は暗くしかも根の先が複雑に分かれているため、肉眼では確認できないのです。当院では、治療の精度を高めるためにマイクロスコープを使った根管治療を行っております。マイクロスコープで根管内を見ると、肉眼では見えない部分まではっきりと確認でき、精密な処置ができるようになります。枝分かれしている根や根の先に溜まっている膿まで確実に器具が届いて、キレイに汚れを取り除くことができます。これにより、再発率の少ない精密治療が可能になり、他院では抜歯しか方法がないと言われた方でも、歯を残せる可能性が高まります。

マイクロスコープを使った治療のメリット
【1】治療の成功率が飛躍的に高まる
患部に応じて3倍~20倍まで拡大できるので、肉眼では見えない複雑な根の先をはっきり捉えることができ、確認しながら治療ができます。根管の中の汚れや細菌を確実に除去・消毒することで、再発リスクを大幅に減らすことができます。

マイクロスコープ※イメージ

【2】短期治療が可能になる
根管治療は時間がかかるといわれていますが、治療回数が長引くほど細菌感染のリスクが高まり、成功率が下がります。マイクロスコープを使うことで精密な治療ができ、壊死した神経や汚れを確実に除去して、根管内をすみずみまで消毒・殺菌します。これにより、治療期間が大幅に短縮され、通常は3回程度の通院で終わります。

これに対して保険診療は、弾性の無い器具で歯髄をとる作業を何度も行う必要があるため、治療期間も2~3ヶ月かかり、それだけ感染するリスクが増えてしまいます。

※マイクロスコープによる根管治療は自費診療となります。

当院の根管治療の特徴

経験豊富な専門ドクターによる、高度な根管治療高度な根管治療
根管治療は、根の先の膿や根の中の汚れを除去し、歯の寿命を引き延ばすための治療です。しかし、根の管は複雑に分れているため治療が難しく、ドクターの経験や技術力に大きく左右されます。当院では、症例に合わせて専門ドクターと連携した高度な根管治療を提供いたします。専門ドクターは経験が豊富で、優れた診断力と技術力があります。担当ドクターと連携することで、難しい症例でも効果的な治療ができ、短期間での完治が期待できます。

CTによる診断CT
根の先の状態は、レントゲン診断だけでは見落としてしまうことがあります。当院はCT撮影による診断も行っております。CTで撮影することにより病変をはっきり捉えることができ、小さな病変さえも見逃すことがありません。診断の精度が高まり、治療が可能かどうかも見極めることができます。

ラバーダムの使用v
根管治療の大敵は細菌です。治療中に唾液中の細菌が根管内に侵入すると、根の病気の再発率が高まります。そこで当院では、ラバーダムを使用し、細菌の侵入を防いでいます。ラバーダムはゴム製の薄いシートです。根管治療の際、ラバーダムで患歯のみを露出させることで、唾液などが根管内に侵入するのを妨げ、再発を防いでくれます。

根管治療の成功率は、一般的には50%以下といわれています。ラバーダムを使用することでそれが90%まで高まるともいわれ、欧米諸国ではラバーダムの装着は必須となっています。残念ながら日本での浸透率は低く、100医院に対して1医院程度と極めて少ない状況です。当院では、なるべく歯を残す根管治療を行うためにラバーダムを使用しております。

超音波機器を使用し、隅々まで洗浄超音波機器
根管内の形は非常に複雑で、器械を使っても全てを取り除くことはできません。そこで重要なのは、薬液による洗浄です。この薬液もただ根管内に入れるだけでなく、超音波を当てて振動させることにより、薬液が隅々まで行き渡り洗浄効果を上げることができます。

ニッケルチタン製のファイルを使用ニッケルチタン製のファイル
歯根の形はまっすぐではありません。よって根管の形はもっと複雑なのです。当院では、弾性のあるニッケルチタン製のファイルを使用しています。ニッケルチタン製ファイルの使用は自費診療となりますが、保険診療の場合は弾性のないステンレス製ファイルでの治療となるので、どうしでも治療に限度が生じてしまいます。

MTAセメントについてMTAセメント
今までは、根管内に穴が空いてしまっていたら抜歯となっていましたが、この特殊なセメントで穴を封鎖することが可能になり、抜歯基準が大きく変わりました。

根管治療の流れ

Step1.むし歯を削る根管治療の流れ
むし歯になっている部分を削り取ります。
次へ
Step2.神経(歯髄)を取り除く根管治療の流れ
ファイルと呼ばれる器具を使い、根管内の神経をていねいに取り除きます。
次へ
Step3.根管部の洗浄根管治療の流れ
根管内に残っている汚れや細菌を完全に消毒・殺菌します。非常に重要な処置で、消毒が不十分だと再発リスクが高まります。マイクロスコープを使用することで、根管内を確実に殺菌・消毒することができます。
次へ
Step4.薬を詰めて蓋をする根管治療の流れ
殺菌・消毒された根管内が再感染を起こさないよう薬剤を密に充填させます。
次へ
Step5.土台・被せ物を装着する根管治療の流れ
被せ物を装着して、治療は終了です。
歯の形を回復させるために、芯となる土台と被せ物を装着します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております