口腔外科

口腔外科

口腔外科とは、むし歯や歯周病以外の外科的な処置や口腔内全般の病気を扱う診療科目です。扱う範囲は幅広く、親知らずの抜歯から始まり、インプラント手術や口内炎の治療、口腔がんの診断まで様々な治療が該当します。

安全な親知らずの抜歯

親知らず横に生えていたり顎の骨の中に埋まっていたりする親知らずを抜歯するには、外科的な処置が必要になります。かかりつけの歯科医院では抜歯ができず、口腔外科を掲げている歯科医院や設備が整っている大学病院に行かなければなりません。

当院では、複雑な親知らずの抜歯の際には専門ドクターと連携し、院内での抜歯を可能にします。複雑に生えている親知らずは歯ぐきを切開、または骨を削る場合もあるため、神経や血管を傷つける恐れがあります。担当するドクターは親知らずの抜歯経験が豊富です。親知らずの生えている方向や神経、血管の位置など、患者さまの状態を見ながらできるだけ痛みや腫れの少ない抜歯をいたします。

CT診断で抜歯時のリスクを軽減親知らず
親知らずを抜歯する際、もっとも重要なのは診断です。歯の生えている方向や位置を正確に診断しなければ、抜歯をした際に神経や血管を傷つける恐れがあります。そこで頼りになるのがCT診断です。CTでは、神経や血管の位置を正確に判断できるので、血管などを傷つけずに抜歯ができます。しかも当院で導入しているのは、頭部全体を撮影できる最新装置です。歯や顎の骨の状態なども正確に診断ができ、リスクの少ない抜歯が可能になります。

CGF(Concentrated Growth Factors)を使って治癒を促進親知らず
外科的な手術をして親知らずを抜歯すると、傷口が大きくなり回復するまでに時間がかかります。抜歯後の穴にCGFを入れて縫合すると歯と骨の回復力が促進し、傷口の治りが早くなり感染リスクが軽減されます。

CGFは患者さまから採取した血液を遠心分離器にかけて抽出した成分で、サイトカインを多く含む自己血液フィブリンゲルです。フィブリンゲルは、フィブリン(血液の凝固に関わるたんぱく質)がゲル状になったもので、止血効果治癒促進効果があります。患者さまの血液から採取した完全自己血液フィブリンゲルなので、感染などの心配がなく、高い治癒力促進効果が期待できます。

※サイトカインとは、細胞が作りだす微量生理活性タンパク質の総称で、細胞間同士のコミュニケーションをコントロールし、細胞の増殖や分裂などに関わっております。

親知らずは必ず抜かないといけないの?

親知らず親知らずが生えてきたら、抜歯をした方がよいと思っている方が多いようですが、必ずしもそうとは限りません。後々トラブルが起きるリスクが少ないと判断した場合は、そのままにして経過観察する場合もあります。親知らずを大切にしておくと、万が一、他の歯がむし歯になって抜歯をすることになった際に親知らずを使って歯牙移植(歯の移植)が出来る可能性があります。

ただし、親知らずは歯ブラシが届きにくいため、むし歯や歯周病になりやすい歯です。治療をしても再発しやすいので、むし歯になった場合は抜歯をおすすめしております。

痛みや腫れをなるべく抑えるために

口腔外科複雑な親知らずを抜歯する際は、外科的な処置をするため、術後は痛みや腫れがあります。痛み止めと抗生剤を処方いたしますので、用法・用量を守って服用していただくことで、痛みや違和感が軽減します。抜歯当日は、入浴したりアルコールを摂取したりすると、血液の循環が良くなり、痛みや腫れが増す恐れがありますので避けてください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております