インプラント治療以外の治療方法をお探しの方へ

歯牙移植

・天然の歯と変わらない食感が欲しい
・他院でまだ10代なので、インプラントができないと言われた

このように、インプラント治療以外の治療法をお探しではありませんか?親知らずが残っていれば、それを利用して移植することができる場合があります。当院では、親知らずなどご自身の歯を利用した自家歯牙移植を行っております。インプラント治療のような大掛かりな手術はしませんので、身体にかかる負担が少なく治療費用の軽減にもつながります。どなたでもお気軽にご相談ください。

●歯牙移植とは
歯牙移植とは抜歯した部分に、別の歯を抜歯して移植する処置です。一般的には、むし歯になっていない親知らずを抜いて使います。もともとある歯を使うので、歯根膜も同時に移植することができ、天然の歯と同じ自然な噛み心地があり、長期間使い続けることができます。歯牙移植に使用する歯は、親知らずや矯正するために抜歯する歯、顎の中に埋まっている歯などです。

歯を失った後の治療法

抜歯後のかみ合わせを回復する治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。それぞれ特徴がありますが、いずれも人工物を使って失われた機能を回復する治療です。第二の歯とも言われるインプラントでさえ、天然歯のような食感までは得られません。これに対して歯牙移植は、根の周りを覆っている、「歯根膜」も一緒に移植するので違和感がなく、天然の歯と同程度に何でも噛めるようになります。

●歯根膜とは
歯の根(歯根)と歯を支えている骨(歯槽骨)の間にある膜で、歯と歯槽骨をつなげる役割があります。また、噛んだ際の歯に伝わる力を調整したり、噛みごたえを感じる働きもあります。

歯牙移植とインプラント治療、入れ歯、ブリッジの違い

各治療法 治療内容
歯牙移植 ご自身の歯と歯根膜を一緒に移植するので違和感や拒絶反応が少なく、安定した噛み心地があります。単独で機能するので、他の歯に負担がかからず、口腔内全体の健康を維持できます。
インプラント治療 顎骨の中に人工歯根を埋入して、かみ合わせを回復する方法です。自然の歯に近い噛み心地がありますが、大がかりな手術が必要です。単独で機能しますので、他の歯に負担がかからず、口腔内全体の健康を維持できます。
入れ歯 取り外し式の被せ物です。金具で固定させるため、長期間使い続けると金具をかけている歯にダメージを与える恐れがあります。
ブリッジ 抜歯した両隣りの歯を柱にし、橋をかけるように被せ物を被せ固定する方法です。健康な歯を削らなければならず、残っている歯に負担がかかります。

歯牙移植の治療の流れ

Step1.歯のクリーニング
細菌感染リスクを抑えて成功率を高めるために、口腔内細菌の量を減少させお口の環境を整えます。
次へ
Step2.移植手術
局所麻酔をかけて、悪い歯と移植する歯を同時に抜歯してすぐに移植し、縫合することで移植歯を固定させます。処置時間は1時間程度です。
※静脈内鎮静法にも対応しております。痛みに不安な方はご相談ください。
次へ
Step3.消毒
翌日、患部の消毒および感染の有無を確認します。
次へ
Step 4.抜糸
約1週間後に抜糸します。
次へ
Step5.被せ物の装着
被せ物を製作して装着します。
※場合によって根の治療を行い、薬を詰めてから被せ物を装着します。

自家歯牙移植はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております