むし歯の進行状況と治療方法

Co(初期段階のむし歯)CO
症状:歯に穴は開いていないが、表面が溶けて白濁した状態のことです。
治療:フッ化物配合の歯磨き剤を使用し、適切なセルフケアを十分に行うことで、歯の表面は再石灰化して削ることなく元の状態に戻る可能性があります。

C1(エナメル質のむし歯)C1
症状:歯の表面が溶かされてエナメル質に穴が開いた状態です。まだ穴は小さいので、痛みやしみる症状はほとんど出ません。
治療:むし歯になった部分だけを削り、ダイレクトボンディングや白い詰め物で詰めます。

C2(象牙質のむし歯)C2
症状:むし歯が進行し、象牙質層に達した状態です。
この段階になると痛みを感じるようになり、冷たい物や甘い物を口にするとしみることがあります。
治療:この段階になると、治療の際に麻酔が必要になる場合があります。むし歯が小さい場合はむし歯部分だけを削ってダイレクトボンディングや白い詰め物を詰めます。むし歯が大きい場合は、むし歯の部分を削ると欠損が大きくなるため、型取りにより作製した詰め物をはめ込んで歯の形を回復します。

C3(神経に達したむし歯)C3
症状:さらに進行し、むし歯が神経に達した状態です。この段階にまで進行すると、ほとんどの場合激しく痛みます。それを越えると神経が壊死し、根の先で炎症を起こしたり、膿が溜まることで歯ぐきを腫らすこともあります。
治療:麻酔をして歯を大きく削り、根管治療で神経や根の先の膿を除去した後、被せ物を製作して装着します。
※根管治療は初回の治療がとても重要です。一度あいまいな治療をすると、また根の先に膿がたまり、再発しやすくなるのが根の先の病気です。しっかりと時間をかけた根管治療をおすすめします。

根管治療はこちらへ

C4(根だけが残っている状態)C4
症状:歯の頭部分がほとんどが無くなった状態で、残った根の部分も柔らかくなり保存が難しい状態の歯です。歯の中の神経は壊死していることが多く、しみるような症状は出ません。
治療:根管治療をして歯の寿命を引き伸ばします。歯質が残っていない場合は残念ながら治療は難しく、保存不可能なため止むを得ず抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております