なるべく削らないむし歯治療

なるべく削らないむし歯治療

むし歯になれば、必ず歯を大きく削って治療すると思っていませんか。たしかに一昔前までは、歯を大きく削っていましたが、最近では治療法が改良されて、なるべく削らずに治せるようになりました。当院のむし歯治療の基本は、なるべく削らずに歯を残す治療です。う蝕検知液やダイレクトボンディングなどを取り入れた治療で、大切な歯をお守りします。

う蝕検知液でむし歯をていねいに取るう蝕検知液
むし歯治療は、悪い部分を削って詰め物や被せ物を入れますが、その際、健康な歯質とむし歯の境目がはっきり分からないので、大きく削ってしまいます。そこでむし歯だけ確実にとるために、う蝕検知液を使ってていねいにむし歯の部分だけ取り除きます。

う蝕検知液は、むし歯を感知する着色剤で、歯に塗るとむし歯だけが色づきます。むし歯と健康な部分との境界線がはっきり分かるので、それを目安にすると、むし歯だけを確実に取り除くことができます。削りすぎやむし歯の取り残しもなくなるので、歯を長持ちさせることができます。

ダイレクトボンディングダイレクトボンディング
C1(エナメル質のむし歯)からC2(象牙質のむし歯)のむし歯は、ダイレクトボンディングで治療をします。ダイレクトボンディングは、CR(コンポジットレジン)ともいわれる特殊な接着剤で、歯を削った後に詰めて接着します。保険治療で使用するセメントに比べると、非常に接着力が強く、治療後も欠けたり外れたりすることがありません。削る量もごくわずかですむので、歯を長持ちさせることができます。

なるべく抜かない・削らない治療はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております