自然に噛み合うインプラント治療

インプラント治療インプラント治療のシミュレーションをする際、埋入する部分だけを考えて設計すると、全体の歯が上手く噛み合わなくなってしまいます。しっかりと噛み合うようにするためには、上下の歯が無理なく合うように設計することが大切です。当院では、ステントを用いたCT撮影で正確に診断し、自然に噛み合うポジションを考えて埋入位置を設計いたします。

骨造成でベストポジションを作る
骨の幅や量がないのにもかかわらず、無理にインプラント治療を行うと斜めにインプラントが埋入されてしまう場合があります。この状態になると、噛み合せた際の力が分散されてしまい、しっかりと噛めません。噛んだ際の力が均等にかかるためにも自分の歯が生えている方向と同じように真っ直ぐに埋入する必要があります。そのため自然にかみ合うポジションを探していくと、骨量のない場所がベストポジションになる可能性もあります。そのような場合はCGFやAGFによる再生治療や、 GBR(骨造成)で骨のない場所に骨を作り、上下の歯がしっかり噛み合う位置にインプラントを埋入します。

自然にかみ合うインプラント治療のメリット
自然に噛み合う位置にインプラントを入れると、力が垂直に加わってしっかり噛めるようになります。歯並びも自然な状態になるので、歯磨きやメンテナンスが楽になり、歯周病にもなりにくくなります。もちろん見た目もキレイになるので、口元の印象が美しくなり、若々しく見えるようになります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております