子どもの矯正治療

子どもの矯正治療お子さまの歯はいずれ永久歯に生え変わりますが、乳歯の歯並びやかみ合わせが良くないと、永久歯にも影響を与えます。特に受け口の場合は、大人になってからでは治療が困難になるため、なるべく早めの治療が望まれます。しかしながら、矯正の必要性や開始時期を見極めるには専門知識がなければ難しく、タイミングを誤ると治療時期を逃してしまいます。お子さまの歯並びが気になる場合は、まず5~6歳頃に矯正医の診断を受けると良いでしょう。

気になったら早めの相談を
矯正治療を始める時期は、一般的には永久歯に生え変わる時期にあたる小学校入学前後(6~8歳ぐらい)がベストです。この時期から始めると、発育や顎の成長に合わせて矯正ができ、非抜歯矯正の可能性が高く、無理のない矯正ができます。またお子さまによっては、乳歯の期間のみで、永久歯に生え変わった後に矯正治療をしなくても済むケースもあります。少しでも、お子さまの歯並びに疑問を感じたら、なるべく早めに矯正医の診察を受けることをおすすめします。

小児矯正のタイミング
小児矯正は、お子さまの成長に合わせて、第一期治療と第二期治療の2段階に分けて進めていきます。通常は第一期治療から始めますが、第二期治療からでも治療はできます。

●第一期治療
お子さまの成長を利用した治療で、顎を広げながら歯を正しい位置に並べていきます。治療を開始する時期は、一般的に6~8歳前後が理想といわれています。歯並びやかみ合わせによっては、第一期治療で終了する場合もあります。

●第二期治療
ワイヤー矯正装置を使った本格的な矯正治療です。第一期治療で歯並びを揃えた後、ワイヤーを調整しながら、歯並びや歯のねじれをキレイに整えていきます。初診の段階で全ての歯が永久歯に生え変わっている場合は、第二期治療から始めます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております