予防歯科でお口の健康を守る

予防歯科

<予防歯科はこのような方が対象です>
・矯正をしたので、むし歯や歯周病になりたくない
・定期的にメンテナンスを受けて、お口の中を健康に維持したい
・むし歯や歯周病を再発させたくない

「予防歯科」という言葉はどなたでも知っているかと思いますが、まだまだ本格的な予防と言えないのが現状です。日本での定期検診は、どちらかというと治療終了後の歯石除去などのクリーニングが主体で、我々が主体となって行うことが多いようです。

しかし、歯科予防先進国スウェーデンでは、患者さまが主体となり、教育主体で本当の意味での「予防」を実践しています。いくら我々が一生懸命クリーニングなどを行っても、患者さま自身のセルフケアが確立していなければ、また治療した箇所が虫歯や歯周病になりかねないのです。

世界一の長寿国である日本でも、成人の80%が歯周病に罹患していると言われ、80歳以上での残存歯数は平均で14本と言われております。ヒトの歯は全部で28本ありますから、半分がないことになります。昔から8020運動と言われて、昔と比較すれば残存歯数は多くなってきていますがまだまだ20本には到達していないのが現状なのです。
※「8020運動」とは、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動です。

それに対しスウェーデンでは残存歯数20本を達成しております。
「歳をとると歯がなくなるのよね、、、」
と思っているのは、実は日本だけかもしれません。

歯を失う前に本格的な予防歯科を取り入れ、歯の寿命を延ばしましょう!

定期検診と残存歯の関係
定期検診は、残存歯の数に大きく関係しています。悪くなった時だけ受診しているグループに対し、定期的に検診を行っているグループに大きく差が出ているという文献があります。日頃より、毎日ブラッシングを行っている方でも限界があるのがお分かり頂けると思います。

予防歯科※「東京都歯科医師連盟サイト」より
定期検診の長期受診者(緑色)の残存歯が23本に対し、定期検診を受けていなかった歯科疾患患者(赤色)の残存歯は7本という結果がでています。

残存歯と医療費の関係
また、老人医療においては、残存歯が多いほど、また歯周病が軽度なほど医療費が少なくなっていることも証明されております。歯周病は、全身的な疾患にも大きく関係していることがわかります。

予防歯科※「東京都歯科医師連盟サイト」より


当院では、担当衛生士によるスウェーデン式PMTCを取り入れております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております