当院の歯周病治療

歯周病治療の基本ともいえるスケーリングから、歯周外科治療(高度なエムドゲイン再生療法)、歯周内科治療まで、患者さまの症状に合わせた治療で、歯周病の改善を目指します。

スケーリングスケーリング
専用器具を使い、歯ぐきより上に付着している歯垢や歯石を除去する治療法です。歯周病治療の基本ともいえる治療で、汚れとともに原因菌も除去して歯周病を改善します。初期の歯周病でしたら、スケーリングだけで改善が望めます。

SRP(ルートプレーニング)
歯ぐきより下に付着している歯石は、通常のスケーリングでは除去できません。SRP(ルートプレーニング)とは、手動の特殊な器具を使い、歯周ポケット内部に付着した歯石を掻き出して取り除く治療法です。痛みが伴うため麻酔をかけて行う場合もありますが、歯の表面がつるつるになり、汚れが再付着しにくくなります。

歯周外科治療(フラップ手術)歯周外科治療
スケーリングやSRPを行っても症状の改善が見られない場合に、外科的な処置を行っております。歯ぐきを切開して歯周ポケットの奥深くに付着している歯石を特殊な器具で掻き出し、歯の表面を滑らかにした後に歯ぐきを元の状態に戻します。

エムドゲイン再生療法
エムドゲイン再生療法とは、細菌によって溶かされた骨を再生させる治療法です。歯ぐきを切開した後、骨の溶けた部分にエムドゲインを塗布し、骨を再生させます。エムドゲインは、豚の歯を形成する際のたんぱく質で、短期間で骨を再生します。

内服薬で治す歯周内科治療位相差顕微鏡
歯周内科治療とは、内服薬を服用して細菌数を減少させる治療法です。一般的な歯周病の治療は、スケーリングで細菌を除去しますが、細菌数が多い場合は歯周内科治療を併用します。位相差顕微鏡で原因菌を特定し、その細菌に有効な抗生剤を一定期間内服することで細菌をコントロールします。

<位相差顕微鏡とは>
歯周病の原因菌を特定でき、その量や動きが確認できる顕微鏡です。原因菌の量が多く、活発に動いているほど症状は重くなります。歯周内科治療を行う上では、原因菌の特定は欠かせない検査です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております