当院の根管治療の特徴

経験豊富な専門ドクターによる、高度な根管治療高度な根管治療
根管治療は、根の先の膿や根の中の汚れを除去し、歯の寿命を引き延ばすための治療です。しかし、根の管は複雑に分れているため治療が難しく、ドクターの経験や技術力に大きく左右されます。当院では、症例に合わせて専門ドクターと連携した高度な根管治療を提供いたします。専門ドクターは経験が豊富で、優れた診断力と技術力があります。担当ドクターと連携することで、難しい症例でも効果的な治療ができ、短期間での完治が期待できます。

CTによる診断CT
根の先の状態は、レントゲン診断だけでは見落としてしまうことがあります。当院はCT撮影による診断も行っております。CTで撮影することにより病変をはっきり捉えることができ、小さな病変さえも見逃すことがありません。診断の精度が高まり、治療が可能かどうかも見極めることができます。

ラバーダムの使用v
根管治療の大敵は細菌です。治療中に唾液中の細菌が根管内に侵入すると、根の病気の再発率が高まります。そこで当院では、ラバーダムを使用し、細菌の侵入を防いでいます。ラバーダムはゴム製の薄いシートです。根管治療の際、ラバーダムで患歯のみを露出させることで、唾液などが根管内に侵入するのを妨げ、再発を防いでくれます。

根管治療の成功率は、一般的には50%以下といわれています。ラバーダムを使用することでそれが90%まで高まるともいわれ、欧米諸国ではラバーダムの装着は必須となっています。残念ながら日本での浸透率は低く、100医院に対して1医院程度と極めて少ない状況です。当院では、なるべく歯を残す根管治療を行うためにラバーダムを使用しております。

超音波機器を使用し、隅々まで洗浄超音波機器
根管内の形は非常に複雑で、器械を使っても全てを取り除くことはできません。そこで重要なのは、薬液による洗浄です。この薬液もただ根管内に入れるだけでなく、超音波を当てて振動させることにより、薬液が隅々まで行き渡り洗浄効果を上げることができます。

ニッケルチタン製のファイルを使用ニッケルチタン製のファイル
歯根の形はまっすぐではありません。よって根管の形はもっと複雑なのです。当院では、弾性のあるニッケルチタン製のファイルを使用しています。ニッケルチタン製ファイルの使用は自費診療となりますが、保険診療の場合は弾性のないステンレス製ファイルでの治療となるので、どうしでも治療に限度が生じてしまいます。

MTAセメントについてMTAセメント
今までは、根管内に穴が空いてしまっていたら抜歯となっていましたが、この特殊なセメントで穴を封鎖することが可能になり、抜歯基準が大きく変わりました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております