歯を失った後の治療法

抜歯後のかみ合わせを回復する治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。それぞれ特徴がありますが、いずれも人工物を使って失われた機能を回復する治療です。第二の歯とも言われるインプラントでさえ、天然歯のような食感までは得られません。これに対して歯牙移植は、根の周りを覆っている、「歯根膜」も一緒に移植するので違和感がなく、天然の歯と同程度に何でも噛めるようになります。

●歯根膜とは
歯の根(歯根)と歯を支えている骨(歯槽骨)の間にある膜で、歯と歯槽骨をつなげる役割があります。また、噛んだ際の歯に伝わる力を調整したり、噛みごたえを感じる働きもあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております