医院ブログ

2018.02.16更新

症例
この患者さまは右上の歯が痛い、ということで来院されました。レントゲン診査を行うと一番後ろから2番めの歯が神経にまで達するむし歯があり、神経をとる治療(根管治療)を行わなければいけない状況でした。レントゲン診査より、一番奥の歯も治療の必要があることをご説明すると、2本の歯とも、強度があり、また審美的に優れている材料での治療を望まれました。

症例
歯型を取る前の状態です。当院では、歯型と取る前に歯の周囲に糸を入れて、歯と歯ぐきの境目を明確にすることを行っております。この操作により、適合の良い被せ物を作ることができ、結果としてむし歯になりにくい(再治療になりにくい)治療を行うことができるのです。

症例症例
しっかりとした根の治療を行い、そこに金属を使わない、セラミックによる被せ物を装着しました。金属を使用しないので、見た目的にも非常に自然感があり、患者さまにも満足いただけました。

症例
歯の根の状態も術前のレントゲン写真と比較し、しっかりと白いお薬が見えるのがわかります。根の治療は患者さまの目には見えませんが、歯の保存状態の予後に左右する、非常に重要な要因と考えます。

投稿者: 松本デンタルオフィス