医院ブログ

2018.02.16更新

従来のブリッジの治療方法は、金属を使用しなければ強度的に歯の噛む力に耐える事ができず、割れてしまうと言われていました。しかし、セラミックスの研究が進んだ現在、金属を使用せずセラミックスだけで治療することができるようになりました。このセラミックスは「ジルコニア」と呼ばれ、別名「白いメタル」とも言われている材料です。金属を使用しないことにより、歯ぐき周辺が暗くならず、またセラミックは金属と比較してプラークがつきにくいため、良好な経過をたどることができます。そのことは、結果として再治療になりにく治療といえるのです。

症例症例
症例症例

投稿者: 松本デンタルオフィス