料金表

当院の自費診療にかかる料金について

治療費

カテゴリ 項目 単位 費用(税別)
予防プログラム PMTC+トリートメントケア+フッ化物塗布など 初回 12,000円
2回目以降 10,000円
インプラント インプラント手術+上部構造(被せ物) 1本 350,000円~
インプラント精密診断(CT撮影) 1部位 15,000円
インプラントステント
(インプラントを理想的な位置に入れるための装置)
1部位 30,000円~
ガイデッドサージェリーステント
(コンピューターで埋入シュミレーションしたものがそのまま手術で使用でき安全に手術が行えます)
1部位 60,000円~
被せ物
(クラウン)
オールセラミッククラウン(ジルコニア)
(金属を使わないので自然な色が出て、ジルコニアフレームにより強度があります)
1本 120,000円
オールセラミッククラウン
(フレームを使わないタイプです。前歯のみ対応可能)
1本 100,000円
ラミネートベニア
(表面だけを削ってセラミックのシェルをはりつける方法です)
1本 100,000円
陶材焼付け金属冠
(金属のフレームにセラミックを焼き付けたもの)
1本 100,000円
ハイブリッドレジン金属冠
(金属のフレームに硬いレジンを盛ったもの)
1本 80,000円
ハイブリッドレジンクラウン
(レジンのみで作製した被せ物です)
1本 60,000円
土台 レジンコア 1本 5,000円
ファイバーコア 1本 9,000円
部分的な被せ物
(インレー)
セラミックインレー 1本 50,000円
ハイブリッドレジンインレー 1本 30,000円
ダイレクトボンディング
(むし歯をとったところにハイブリッドレジンを充填します)
1本 10,000円~
入れ歯 金属床
(見えないところに金属を使用しているため、薄く、たわみにくいので痛みが出にくいです)
1装置 総義歯
300,000円
1装置 部分義歯
250,000円
磁性アタッチメント1本 1本 50,000円
手術 GBR
(使用する人工骨材料などにより値段が変動致します)
1部位 50,000~200,000円
サイナスリフト
(インプラント治療ができるように骨の造成を行う手術)
1部位 150,000円
ソケットリフト
(インプラント手術時に同時に行う骨の造成術)
1回 50,000円
FGG(遊離歯肉移植術) 1部位 50,000円
CTG(結合組織移植術)
(歯肉が足りない部位へ歯肉を移植する手術)
APF(歯肉弁根尖側移動術)
FOP(歯肉弁剥離掻爬術)
(歯周病で取りきれなかった汚れをとる手術です)
歯冠長延長術
(歯ぐきの長さを調整して審美的にキレイにする処置です)
エムドゲイン再生療法
(歯周病により失った骨を再生させる手術です)
1部位 80,000~ 100,000円
静脈内鎮静法
(歯科恐怖症などの方に静脈よりお薬を入れてリラックスして治療を行います)
1式 50,000円~
ホワイトニング オフィスホワイトニング
(医院で行うホワイトニング。専用の器械で行います)
  35,000円
ホームホワイトニング
(マウスピース+ジェル2週間分)
片顎 15,000円
デュアルホワイトニング
(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うことでさらに高い効果が得られます)
  50,000円
ガムピーリング
(歯ぐきのホワイトニング)
  5,000円
ウォーキングブリーチ
(神経を取った歯のホワイトニング)
  1歯 10,000円

矯正料金表

カテゴリ 項目 費用(税別)
カウンセリング 初診相談料 無料
精密診断料 ● X線写真、お顔とお口の写真、歯型とり、3次元CT撮影
● 歯並びの分析と治療方針の詳しいお話
40,000円
全顎矯正 成人矯正 基本料(すべての装置を含む) 680,000円
ホワイトワイヤー(歯の色に似た白いワイヤー) 50,000円
インビザライン 910,000円
小児矯正 乳歯列期矯正 50,000円
第一期矯正(すべての装置含む) 300,000円
第二期矯正 380,000円
再診料(毎月の調整料) 5,000円
部分矯正 精密検査料 30,000円
部分矯正料(歯数によって) 100,000~400,000円
再診料(毎月の調整料) 5,000円

医療費控除について

自費診療では健康保険は使えませんが、高額な治療費がかかった場合は医療費控除の制度が利用できます。

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、申告をすることで一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。歯の治療にかかった費用も全額医療費控除の対象となります。※美容・予防目的のものは対象外です。

 

本人及び生計を同じにしている配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)について、翌年の3月15日までにお住まいの地域にある税務署に申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。

 

ただし、1年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に医療費控除の申告をすることができます。

控除対象となる医療費

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療の為の医薬品購入費
  • 通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
  • 治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費 等

控除金額について

控除される金額は下記の計算額となります。

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

還付を受けるために必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書(コピーは×)
  • 印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書はお住まいの地域を管轄する税務署においてあります。

*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いのほかに、分割払い、クレジットカードでお支払いいただけます。

一括支払い

当院受付でのお支払い、または当院指定の銀行口座へお振込みください。

※銀行口座へのお振込み手数料は患者さまのご負担となります。

 

デンタルローン

デンタルローンをご用意しております。

詳しくはお問い合わせください。

 

クレジットカード

クレジットカードでもお支払い可能です。