総合的な診査・診断

こんな経験ありませんか?

「むし歯治療で被せ物を入れたら、かみ合わせが悪くなってしまった」

 

このような経験はありませんか?
歯が悪くなった原因を調べないで主訴だけを治療すると、かみ合わせが悪くなる恐れがあります。歯科治療の目的は、悪くなった歯を治して口腔内を健康にすることです。それには、お口全体を総合的に診査・診断する必要があります。

総合的な診査・診断で治療の可能性が広がります

歯科用CTを使って総合的に診査・診断

当院では、頭部全体を撮影できる高性能の歯科用CTを使用して、お口全体をあらゆる角度から診断。総合的な治療を行います。

 

歯科用CTはお口全体を立体的(3D)に捉え、口腔内の奥行・顎骨・根の状態を詳細に見ることで、見落としを限りなく少なくして安全で確実な治療が実現できます。

 

また、あらゆる角度から診断を行うので、治療の選択肢も広がります。特に、親知らずの難しい抜歯を必要とする治療や、根管治療・インプラント治療といった高度な治療では、レントゲンだけでは正確な診断がつきにくく、場合によっては治療が望めないと判断されることも珍しくありません。そんな方でも、歯科用CTを使って診査をすることで、治療が可能と判断できるケースもあります。

 

「他院でレントゲン診査の結果、治療を断られたから」と諦める前に、ぜひ当院までご相談ください。

専門ドクターの連携によるチーム医療

大学病院での治療経験を持つドクターによる治療が受けられます

当院では、症状や治療内容に応じてその分野に精通する専門ドクターが治療をしております。複数のドクターが一人の患者さまに関わることで、多角的な診断やアドバイスをすることができます。

 

また、専門ドクターがチームを組むことで「歯周病治療+インプラント治療」、「むし歯治療+矯正治療」のような総合的な治療を行い、患者さまのより良い口腔内環境を作ることにつとめております。

さらに、精密な根管治療や難しい親知らずの抜歯、インプラント治療といった高度な治療もほとんど当院で受けられるので、患者さまの負担軽減にもつながります。

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープは患部を3倍~20倍まで拡大できる歯科用の顕微鏡です。根管治療や歯周病治療、歯根端切除など、肉眼では作業が難しい部位の治療をする際にマイクロスコープを見ながら治療を行うと、患部がはっきり見えて細かい作業がしやすくなります。そうすることで治療の精度が上がり、悪化した歯の根っこの病気なども完治できる可能性が高まります。

 

マイクロスコープは、治療の終了した歯を長持ちさせ、快適な口腔内環境を作り出すためにはなくてはならないツールのひとつなのです。