医院ブログ

2015.11.26更新

こんばんわ。
松本デンタルオフィス院長の松本です。

最近すっかり寒くなってきましたね〜
もうそろそろダウンを着てもいいのかな、と思うくらいです笑

さて、先日はインプラント手術に関する勉強会に参加してきました。

インプラント手術とは、歯を失ったところの骨にインプラントという人工歯根を植立して、咬合を回復する手術です。しかし、歯槽膿漏などで歯を失った場合、そのインプラントを植立する骨が足りない場合も多く存在するのです。
その場合は、骨を増やす手術を行わなければなりません。

ヒトの上の奥歯の上側には空洞になっている箇所があります。
これを上顎洞といって、鼻とつながっています。これがあることによって、鼻などを湿潤状態に保ったりという役割があります。
ここにインプラント治療を行う際、骨がないまま手術を行うと、この上顎洞に交通して、場合によっては危険なケースもあるのです。

今回の勉強会では、耳鼻科の先生をお招きして、歯科領域とは少し遠い、この上顎洞について学んできました。自分では勉強してきたつもりでも、先生の専門的なお話を聞くと、まだまだ勉強になることがありました。

 

j

 

また、日々の臨床に役立てて行きたいと思います!

松本デンタルオフィスでは、他院でインプラント治療を断られた患者様も、対応を行っております。気軽にご相談くださいね。
まだ、諦めるのは早いですよ(^^)

それでは失礼致しますm(__)m

投稿者: 松本デンタルオフィス