医院ブログ

2021.03.05更新

インプラント手術の種類1

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日はインプラント手術の種類についてお話しします。

 

インプラント治療は、インプラントを埋入するだけではなく、
必要に応じて、様々な手術を付随しておこなうことがございます。

 


『骨造成手術:GBR(Guided Bone Regeneration)』
インプラント手術をおこなう場合、インプラントと結合する十分な骨の量がないと、インプラントを入れる事ができません。

 

この手術は、インプラントの土台となり結合する十分な骨の量を造成する手術になります。

 

他の歯科医院で「骨がなくて、インプラント治療は不可能です。」と断られた方もこの方法を用いることで、多くの場合、インプラント治療が可能になります。

 

特に前歯のインプラント治療の場合は、GBRを用いることで、格段に審美性の高い治療をおこなうことができます。

 


『ソケットリフト/サイナスリフト』
上顎の奥歯を失うと、多くの場合ご自分の骨は大きく吸収され、ほとんど骨がない状態になってしまいます。

 

こういった事が原因でインプラント治療をお断りされた方も多いのではないでしょうか?

 

この2つの手術は、上顎の奥歯のインプラント治療をおこなう場合の手術方法です。

 

ソケットリフトはインプラントを埋めるためにあけた穴から人工の骨を入れて、骨の増大を期待する手術方法です。

 

ある程度ご自身の骨がある場合に、付属的におこなう手術です。

 

しかし、もっと骨がなく条件が厳しい場合は、サイナスリフトという手術をおこないます。

 

これは上顎洞粘膜だけを挙上じ、骨の増大をおこなう手術です。

 


少しでも参考になれば幸いです。

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

東大和市・小平市の歯医者・歯科・インプラントなら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス