医院ブログ

2021.06.27更新

ホワイトニングに使用する薬剤と効果の持続時間

 

 

松本デンタルオフィスです。
ホワイトニング治療には主に「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2つがあります。

 

 

方法や使用する薬剤もそれぞれで異なりますし、ホワイトニングをスタートしてから効果を実感できるまでの期間や効果の持続期間も異なります。

本日は、使用する薬剤と効果がどのくらい持続するのかをご紹介していきます。

 


『オフィスホワイトニング』
過酸化水素が含まれている薬剤を使用して行います。薬剤の濃度が高めなので、1回の施術でもホワイトニング効果が実感できます。スピーディーに効果が出やすいのが特徴で、効果の持続時間は大体3~6か月ほどです。

オフィスホワイトニングはすぐに効果が得られやすい一方で、ホームホワイトニングよりも持続効果は短めとなっています。

 


『ホームホワイトニング』
使用する薬剤には過酸化尿素が含まれています。濃度が低い薬剤なので、効果が実感できるまで1~2週間ほどと少し期間が空きます。効果の持続期間は半年~1年となっています。

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングのようにすぐ効果が現れるわけではありませんが、長期的に効果を得ることができます。

 


本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

東大和市・小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス