医院ブログ

2021.07.11更新

インプラント手術が怖い方へ

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日は静脈内鎮静法による手術についてお話しします。

静脈内鎮静法とは、点滴から眠くなるお薬を入れ、リラックスした状態で行う手術方法のことです。

 


『このような方にお勧めします。』
・手術が怖くて不安な方
・お身体の病気が気がかりで、安心して手術を受けられない方
・麻酔をするとドキドキして気分が悪くなる方
・歯みがきや食事は問題なくできるのに、お口の中に治療器具が入ると吐き気をもよおす方

※歯科治療に対してそれほど強い恐怖心はなくても、リラックスして楽に治療をお受けになりたい方にもぜひおすすめ致します。

 


『静脈内鎮静法の利点』
・不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受ける事ができます。

・血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さまの状態を常に管理していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受ける事ができます。

・健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。
処置を終えられた患者さまからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」
という声がきかれることも少なくありません。

・通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要ですが、
それ自体を覚えていない方もいるほど、痛みも軽く、楽に治療を受ける事ができます。

・点滴をしていますので、患者さまの変化に即座に対応する事ができます。

・異常絞扼反射(いじょうこうやくはんしゃ)、つまりお口の奥に器具が入ると、吐き気をもよおす方にも有効です。

当院では麻酔科のドクターが行うので安心して治療を受けられます。

 


本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

東大和市・小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス