医院ブログ

2022.01.16更新

ダイレクトボンディングのメリットとは? 

 

松本デンタルオフィスです。
本日はダイレクトボンディングのメリットについてお話しします。

 


『ダイレクトボンディングとは?』
「口内に多種類のプラスチックを直接盛りつけ、天然歯に近い形や色に仕上げる治療方法」のことをダイレクトボンディングと言います。

 


『ダイレクトボンディングのメリット』
・歯をあまり削らない
歯を削る量を最小限にして治療をすることが可能です。
そのため、詰め物(インレー)や被せ物(ラミネートベニア・クラウン)などよりも、歯への負担が小さくて済みます。

・自然な歯を再現可能
透明感や色合いが違う多種類の高品質なプラスチック(レジン)を駆使しますから、自然な歯を再現することが可能です。

・治療が短期間で終わる
口内に直接、高品質なプラスチック(レジン)を詰めますから、短期間で治療が終わります。
ちなみに、セラミック治療では基本的に歯型を採取してラボで製作することになりますから、ダイレクトボンディングよりも時間がかかります。

・治療費が比較的安い
他の審美治療(矯正治療、セラミック治療など)よりも治療費が安いです。

・変色しにくい
「保険が効くプラスチック(レジン)」と比較して変色しにくいです。メンテナンスを定期的に行い、綺麗な状態をキープしましょう。

・部分的な補修が可能
治療部位が変色したり欠けたりしたときは、その場所だけを補修することが可能です。

 


本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

 

投稿者: 松本デンタルオフィス