医院ブログ

2022.05.25更新

インプラントが向いている人とは?

 

松本デンタルオフィスです。

 

歯を失った時の選択には、インプラントの他、入れ歯、ブリッジ等があります。

これらの補綴治療には、それぞれメリットとデメリットがあるため、患者様も深く悩まれる部分だと思います。

今回はその内、”インプラント”に焦点を当て、入れ歯やブリッジよりもインプラントが適しているケースについて、詳しく解説していきます。

 


◎入れ歯が合わなくて悩んでいる方

インプラントは比較的新しい治療法の1つなので、以前は入れ歯を使用していたという患者さまも多くいらっしゃいます。

入れ歯から、インプラントに変えた患者さまの多くは、入れ歯に不便を感じていた人がほとんどです。

食事の際に楽しめない、人と会話するのが苦手になった、お手入れが面倒等、入れ歯が合わないと感じている患者さまにはインプラントをおすすめしています。

顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラントであれば、食事も会話も楽しめますし、お手入れも自分の歯と同様に行えます。

 


◎周りの健康な歯を大切にしたい方

入れ歯やブリッジといった補綴治療を選択すると、周りの健康な歯を削る必要があります。

特にブリッジの場合は、支台歯となる周囲の歯を大きく削るため、健康な歯を維持したい患者さまには抵抗があるかもしれません。

インプラントの場合は、周囲の歯を削ることなく治療が受けられるので、できるだけ自分の歯を残したい方におすすめです。

 


◎自分の歯のように噛みたい

何らかの理由で歯を失ってしまった時の治療に期待するのは、”噛む”ことが問題なくできるかどうかです。

もちろん、天然の歯には及びませんが、インプラントは、他の補綴物よりも自分の歯により近い噛み心地を実現することができます。

 


◎審美性を高めたい

歯を失ってしまった時に気になるのはやはり審美性です。さまざまな補綴治療がありますが、審美性に長けているのはインプラントです。

インプラントには、天然の歯の色合いや質感、ツヤを再現できるセラミックを使用しています。

また、人工歯根を埋めることで、見た目は天然の歯のようにみえるのが最大の特徴です。

 


◎まとめ

インプラントは、食事や会話を今まで通り楽しみたい方、また審美性を気にされる方におすすめの治療方法です。

インプラントに関するご質問等がありましたら、当院までお気軽にご相談ください。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

 

投稿者: 松本デンタルオフィス