医院ブログ

2022.08.26更新

歯周病は子どもにうつる?

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日は歯周病についてお話しします。
 
 
口の中の微生物が歯周病の根本的な原因であり、原因となる細菌は人から人へ感染します。

歯周病の原因菌は唾液を介して広がるため、歯周病にかかっている人とキスしたり、食器を共有したりすると感染する可能性があるのです。

 
歯周病にかかっていない子供が、歯周病にかかっている家族から歯周病の原因菌をもらってしまったからといって、すぐに発症するわけではありません。

この病気を防ぐためには、適切な歯周病治療を受けて、口の中の細菌を正常なレベルまで減らすことが必要です。

 
ただほとんどの場合、歯周病は遺伝しないとされています。

歯肉炎は、ここ数年、低年齢の子どもたちにより広く見られるようになりました。子どもは大人ほど歯周病になりやすいわけではありませんが、歯周病と無縁というわけではありません。

 
そのため、幼少期から定期的に歯科医院に通い、正しい歯のメンテナンス方法を身につけることが必要です。

歯周病は、適切なブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスで予防することができます。

 
少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127 

投稿者: 松本デンタルオフィス