医院ブログ

2022.09.22更新

ホワイトニングは、単に歯の色を白くするだけではありません

 

 

松本デンタルオフィスです。

 

理想の歯を手に入れることによって、自分により自信が持てます。また、綺麗な歯を維持しようと丁寧に歯をクリーニングすることで、歯の美しさを保つことができ、歯の健康にも良い影響を与えます。

さらに、ホワイトニングが歯そのものに好ましい影響を与えることが、つい最近判明しました。

 


『ホワイトニングがもたらす虫歯・歯周病リスク低減効果』

近年の研究で、ホワイトニング後の歯に唾液を触れさせると、溶け出したミネラル成分が表面に再び沈着する「再石灰化」が促進されたり、エナメル質のミネラル濃度が高まったり、さらに酸に対する歯の抵抗力が増したりすることが分かってきました。言い換えれば、ホワイトニングによって虫歯を予防する効果があることが明らかになっているのです。

 

また、虫歯菌や歯周病菌が、ホワイトニングに使われる過酸化水素によって殺菌される効果も期待できます。

 


『ホワイトニング直後に気をつけるべきこと』

歯のホワイトニングは、長期間にわたって歯が弱ることはありませんが、ホワイトニング直後は歯を保護するペリクルがはがれ、歯が溶けやすくなっているので注意が必要です。


ペリクルは、唾液に触れることで元に戻っていきますので、その間だけ、気をつけることがあります。

具体的には、ホワイトニング後、約1時間は水以外の飲食物をできるだけ口にしないこと、また、ホワイトニング後約24時間は、色の濃いものや酸性のものの摂取を控えること、この2点を守るとよいでしょう。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス