医院ブログ

2022.11.18更新

松本デンタルオフィスです。
本日は「オールセラミックの種類」についてお話しします。

 

歯のクラウン(被せ物)の素材は様々ですが、近年では「オールセラミック」の人気が上がってきています。クラウンから義歯まで、多くの分野においてセラミックが活躍しています。

そしてセラミックにも、色々なタイプがあります。
例えば「EMAX(エンプレスマックス)」や「ジルコニア」もセラミックに分類されます。
クラウンを作製するとしても、「どのセラミックを選ぶか」によって耐久性や審美性が変わります。

では、セラミックの特徴を紹介していきます。

 


①オールセラミック:金属完全不使用

 

セラミックとはつまり陶器のことであり、皿などにもよく使われている材料です。
ほぼ経年劣化せず、ナチュラルな白色にすることができますから、人工歯の材料としても重宝されています。

ちなみに、皿と同一のものを歯科治療に利用しているわけではありません。
歯科分野では「ファインセラミック」という特に機能性に優れたものを使用しています。

 


②EMAX:強化ガラスセラミック単体

 

「EMAX」は虫歯で削った場所をカバーするために採用される場合が多いです(正式名はエンプレスマックスですが、EMAXと呼ばれるケースが大半です)。

EMAXは「強化ガラスセラミックのみ」で作製されていますから、これもオールセラミックに分類できます。
単独の素材でできていますから、素材同士の境界の耐久性が下がるなどのデメリットはありませんし、審美性にも優れています。

ただ、ジルコニアに比べると強度は低いので、適用範囲はやや狭いです。
具体的には奥歯のクラウンや長いブリッジには適しません。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.11.04更新

歯牙移植を行える条件5つ

 

松本デンタルオフィスです。
本日は歯牙移植を行える条件についてお話しいたします。

 


1:移植可能な歯がある

もちろん移植可能な歯が欠かせません。大抵は親知らずを使用しますが、「転移歯(位置が悪い歯)」や「過剰歯」を用いることもあります。

 


2:「抜く歯」と「移植する歯」のサイズが同程度

歯を抜いた場所に、歯を移植することになりますから、「抜く歯」と「移植する歯」の大きさは同程度でなければなりません(ただし全く同じである必要はありません)。

 


3:抜く歯の周囲に骨がある

歯を移植するためには、「抜く歯」の周囲に骨が残存していなければなりません。
一例として歯周病などの影響で歯が揺れやすくなっていて、抜歯が必要であるケースでは、大半の場合周囲の骨が不足しています。

つまり「歯を固定する場所」がないため、歯を移植できないのです。ですが歯牙破折(歯の割れ)や虫歯の影響で歯を抜く際には歯牙移植が有効と言えます。

 


4:「移植する歯」の根の形状が入り組んでいない

「移植する歯」の根の形状がシンプル(円錐形)であるほど上手くいきやすくなります。逆に「移植する歯」の根の形状が入り組んでいたり曲がっていたりすると、「移植する歯」を抜く際に折れるリスクがあります。また、移植した後に根の治療をするとき、失敗しやすくなってしまいます。

 


5:骨の厚みが十分にある

歯が元々ない場所に親知らずなどを移植することも可能です(歯を抜いてから時間が経過している骨に穴を作り、親知らずを移植します)。ですが骨の深さや幅が不足していたり、痩せたりしている場所には「移植する歯」を植えることができません。

ですが骨が足りない状態であっても、「処置によって骨を造成する→歯牙移植をする」という手順を踏めるケースもあります。

 


少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.10.21更新

親知らずを抜いた後に注意すべき7つのこと②

 

松本デンタルオフィスです。
本日は「親知らずを抜いた後に注意すべき7つのこと」についてお話しします。

 


(5)飲酒、長時間の入浴、激しい運動は控える

 

血流が増えると腫れだけでなく、痛みを感じることがあります。

 


(6)処方された抗生物質は、必ずすべて服用する

 

痛みが治まっても、感染症にかからないように、処方された抗生物質は必ず飲みきりましょう。
途中で飲むのをやめると、治りが遅くなったり、抗生物質に対して耐性のある細菌ができたりすることがあります。

 


(7)患部を冷やし過ぎないように注意する

 

抜歯をした後、冷たいタオルや冷えピタを患部に当てて冷やすと、痛みが和らぐことがあります。
しかし、極端に冷たいタオルや保冷剤を使って冷やしすぎてしまうと、血行不良を引き起こし、逆効果になる可能性があります。

・抜歯後の腫れや痛みについて

親知らずの抜歯は、状況によっては、患部の腫れだけでなく、痛みが出ることがあります。
特に、歯ぐきの奥に埋まっている親知らずの抜歯後には、強い痛みや腫れを感じる可能性があります。

鎮痛剤は服用後、きちんと効き始めるまでに時間が必要です。歯を抜いて痛みが出てから服用するのではなく、麻酔が切れる前に服用することがポイントです。

痛みや腫れの程度は、個々人の状態によって異なります。
気になることがあれば、ご自身だけで判断せず、まずは歯科医に相談することをおすすめします。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.10.10更新

​​親知らずを抜いた後に注意すべき7つのこと①

 

松本デンタルオフィスです。
本日は「親知らずを抜いた後に注意すべき7つのこと」についてお話しします。

 


(1) 抜歯後30分程度、ガーゼをしっかり噛んで止血する。

 

ガーゼを取っても出血が止まらない場合は、さらにもう一度ガーゼを噛んで、もうしばらく様子を見てください。
唾液に微量の血液が混じっている程度であれば、心配はありません。
その後も出血が止まらない場合は、早めに歯科医院に相談してください。

 


(2) 治療後は、麻酔の効果が切れるまで、辛いものや刺激の強いものは控える

 

麻酔は感覚を鈍らせているため、誤って火傷をしたり、頬や舌を噛んでしまったりする危険性があるからです。
麻酔が完全に切れ、口の中の感覚が戻ったら、食事をしてもかまいません。

 


(3) 抜歯後2~3日は、うがいをしない

 

他にも、舌や指で詰まった食べ物を取ろうとするのは避けてください。
抜歯した部分を必要以上に触ると、正常な治癒が行われず、ドライソケットになることがあります。
ドライソケットは、抜歯した部位の骨が露出したままになってしまい、骨に細菌感染が発生している状態のことです。

通常、歯を抜くと、残された窪みに血餅(けっぺい)ができます。その後、血管や細胞が徐々に再生され、徐々に治っていきます。
一方、抜歯した部分の血液が足りなかったり、血餅を取り除いたりすると、骨の表面が露出して感染し、ドライソケットと呼ばれる状態になることがあります。

ドライソケットになってしまうと、歯を抜いた後10日から14日ほど痛みが続きます。鎮痛剤と抗生物質を服用し、十分な休息をとるようにすれば、徐々に良くなることがほとんどです。

 


(4) 抜歯をした後は、その部分の歯磨きは1週間程度控える

 

他の歯は通常通り磨いてください。
口の中を常に清潔に保つことが重要です。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.09.22更新

ホワイトニングは、単に歯の色を白くするだけではありません

 

 

松本デンタルオフィスです。

 

理想の歯を手に入れることによって、自分により自信が持てます。また、綺麗な歯を維持しようと丁寧に歯をクリーニングすることで、歯の美しさを保つことができ、歯の健康にも良い影響を与えます。

さらに、ホワイトニングが歯そのものに好ましい影響を与えることが、つい最近判明しました。

 


『ホワイトニングがもたらす虫歯・歯周病リスク低減効果』

近年の研究で、ホワイトニング後の歯に唾液を触れさせると、溶け出したミネラル成分が表面に再び沈着する「再石灰化」が促進されたり、エナメル質のミネラル濃度が高まったり、さらに酸に対する歯の抵抗力が増したりすることが分かってきました。言い換えれば、ホワイトニングによって虫歯を予防する効果があることが明らかになっているのです。

 

また、虫歯菌や歯周病菌が、ホワイトニングに使われる過酸化水素によって殺菌される効果も期待できます。

 


『ホワイトニング直後に気をつけるべきこと』

歯のホワイトニングは、長期間にわたって歯が弱ることはありませんが、ホワイトニング直後は歯を保護するペリクルがはがれ、歯が溶けやすくなっているので注意が必要です。


ペリクルは、唾液に触れることで元に戻っていきますので、その間だけ、気をつけることがあります。

具体的には、ホワイトニング後、約1時間は水以外の飲食物をできるだけ口にしないこと、また、ホワイトニング後約24時間は、色の濃いものや酸性のものの摂取を控えること、この2点を守るとよいでしょう。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.09.09更新

ホワイトニングをすると、歯に負担がかかる?

 

松本デンタルオフィスです。
本日は「​​ホワイトニングをすると歯に負担がかかる?」というご質問にお答えします。

 

クエン酸や重曹を使ったセルフホワイトニングの方法もありますが、歯科医院での歯のホワイトニングは、歯を漂白する薬剤を使用します。

「歯にダメージを与える」「歯が弱くなる」というイメージが持たれていますが、決してそのようなことはありません。歯のホワイトニングは、歯に何らかの害を与えるものだと誤解している人のために、分かりやすく解説します。

 


『ホワイトニングで歯が弱くなることはない』

結論から言うと、歯医者でホワイトニングをしても、歯にダメージを与えたり、歯が弱くなったりするようなことはありません。ホワイトニングにそのような悪影響はないのです。

歯科医院で活用されるホワイトニング剤は、一般的に過酸化水素を主な有効成分としています(自宅で歯を白くするときは、より低用量の過酸化尿素を使用します)。


ある研究結果によると、高濃度の過酸化水素に120時間さらされた歯から溶出するミネラルの量は、甘い清涼飲料水に2〜2.5分触れた後に溶出するミネラルの量と同じくらいである、と言われています。

もちろん、歯科医院でのホワイトニングは、このように長時間行われることはないため、実際のホワイトニングの施術中はほとんどダメージがないと考えるのが妥当でしょう。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.08.26更新

歯周病は子どもにうつる?

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日は歯周病についてお話しします。
 
 
口の中の微生物が歯周病の根本的な原因であり、原因となる細菌は人から人へ感染します。

歯周病の原因菌は唾液を介して広がるため、歯周病にかかっている人とキスしたり、食器を共有したりすると感染する可能性があるのです。

 
歯周病にかかっていない子供が、歯周病にかかっている家族から歯周病の原因菌をもらってしまったからといって、すぐに発症するわけではありません。

この病気を防ぐためには、適切な歯周病治療を受けて、口の中の細菌を正常なレベルまで減らすことが必要です。

 
ただほとんどの場合、歯周病は遺伝しないとされています。

歯肉炎は、ここ数年、低年齢の子どもたちにより広く見られるようになりました。子どもは大人ほど歯周病になりやすいわけではありませんが、歯周病と無縁というわけではありません。

 
そのため、幼少期から定期的に歯科医院に通い、正しい歯のメンテナンス方法を身につけることが必要です。

歯周病は、適切なブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスで予防することができます。

 
少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127 

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.08.11更新

歯磨きのコツを教えて

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日は歯磨きのコツについてお話しします。

 


1:磨く場所に毛先を確実に触れさせる

鏡を使って毛先が触れていることをチェックすることをおすすめします。

 


2:動かし方について

歯肉と歯を傷つけることなく歯垢を除去できれば、動かし方は何でも構いません。
円を描くようにしても、タテにかき出すようにしても、小さくヨコに動かしても良いです。

 


3:細かく動かす

歯垢を取るためには毛先を触れさせて磨くことが大事です。歯にはデコボコがありますから、小刻みに動かさないと引っ込んだ場所には毛先が触れません。特に歯同士の間や裏側をブラッシングする際、大きく動かすと一度入った毛先が出てきてしまいますから気を付けましょう。

 


4:軽く磨く

力を入れてブラッシングすると毛先が開くため歯垢を除去しにくくなりますし、歯肉や歯が傷つくかもしれません。毛束が真っ直ぐなまま歯面に触れるくらいの力で十分です。

 


5:1カ所を10~20回程度ブラッシングする

歯垢はネバネバしていますから、数回歯ブラシを動かすくらいでは除去することができません。ですから1日1回以上は、しっかり時間を使って(最低5分以上)歯全体の歯垢をきちんと除去しましょう。1カ所を10~20回程度磨くのがおすすめです。

就寝中は口内細菌が活発になりますから、特に就寝前に時間を費やしてブラッシングすることを推奨します。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.07.17更新

歯周病のリスクを上げる7つの原因②

 

松本デンタルオフィスです。
本日も歯周病のリスクを上げる原因についてお話ししますね。

 


『4.口が常に開いている人』

口の中を構成する粘膜は、唾液で覆われているため、雑菌が付着しにくくなっています。しかし、口が開いていると口の中の組織が乾燥し、白血球の活動が阻害され、歯周病の原因となる細菌が増加します。鼻の調子が悪くて口呼吸が多い人も、同様に注意が必要です。

 


『5.歯ぎしりをしやすい人』

歯ぎしりをすると、歯に力が加わり、歯や歯ぐきが傷つくことで歯周病が悪化します。歯ぎしりには3つのパターンがあり、最もダメージが大きい歯ぎしりは、歯を横方向に滑らせるものです。

・歯を横に動かす歯ぎしり
・歯を食いしばる
・歯をカチカチと鳴らす

歯は縦方向の圧力は100kgまで耐えられますが、横方向の力には弱く、強い圧力に耐えることができません。

 


『6.歯並びが悪い』

歯並びが悪いと、歯の清掃や手入れが十分にできず、歯垢(プラーク)が残ってしまいます。プラークが唾液の他の成分と結合すると、最終的に歯石に変化し、歯周病の原因となることがあります。また、歯並びは年齢を重ねるごとにズレていく性質があります。若い頃は歯並びが完璧だった人でも、50歳を超えると歯と歯の間に隙間ができてきて、歯が外側にはみ出るようになる場合があります。その結果、歯磨きが難しくなり、歯周病になる可能性が高くなるため、注意が必要です。

 


『7 高血圧症、てんかん、免疫抑制などの薬物治療中の方』

実は、降圧剤が歯周病の原因ではないかという指摘があります。歯茎が腫れるので、降圧剤を服用している人はすぐにわかります。歯周病は、高血圧の治療薬を飲み始める中高年の方に多いようです。

 


『まとめ』

日本人の約8割が歯周病にかかっているという試算もあり、歯周病は重大な国民病といえるでしょう。この記事を読んでいるあなたも、歯周病にかかっている可能性があります。歯周病はゆっくりと進行するため、歯科医などの医療機関で診断されるまで、自分が歯周病であることに気づかない人も多いようです。

今回ご紹介したことに当てはまる方は、定期的に歯科医院で検診を受けてみてはいかがでしょうか?

もし歯周病にかかっていなかったとしても、定期的に歯科医院で検査やクリーニングを受け、予防歯科に取り組むことは生活のクオリティを高めることに繋がります。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.07.04更新

歯周病のリスクを上げる7つの原因①

 

 

松本デンタルオフィスです。

歯周病の進行に関与している生活習慣は数多く存在します。
今回は「こんな生活をしていると歯周病になりやすい」という原因を7つ、ご紹介します。

これらの習慣のすべてが歯周病の直接的な原因というわけではありません。それでも、多くの要因が同時に存在すると、歯周病になる可能性が高くなります。この中で自分に当てはまるものが多ければ多いほど、気をつける必要があります。

 


1. 日頃から口内を清潔にしていない、歯を磨いたりしていない人

歯に歯垢がたまり、口の中がばい菌だらけになります。このような人は歯周病になる可能性が高くなります。歯周病は生活習慣病ですから、日頃の生活習慣が最も重要です。

歯周病や虫歯を予防するためには、歯磨きやお口の中のケアが基本です。歯ぐきのケアも同様に重要です。

 


2.タバコを吸う人

喫煙は、病気を引き起こす可能性がかなり高いため、歯周病の大敵と考えられています。非喫煙者と比べると喫煙者は発症リスクがより高く、早く進行します。

また、なかなか治らないことも分かっています。その主な理由は、以下のとおりです。

・歯ぐきの血行が悪くなり、歯ぐきに酸素や栄養が十分に行き渡らなくなる
・歯ぐきの抵抗力が低下し、ばい菌と戦う白血球の働きが弱まるため、免疫力も低下する
・唾液の分泌が抑制されるため、歯の表面に歯垢や歯石がたまりやすくなる

 


3.糖尿病を患っている方

糖尿病は、歯周病のリスクと関係があると言われています。それは、ドライマウスと関係しています。ドライマウスは、血糖値が高い場合によく見られる副作用で、唾液の分泌量が減少することで発生します。

そうなると、白血球の働きが低下し、歯周病の原因となる細菌が増殖してしまいます。そのため、糖尿病で口の中のケアをきちんと行っていない人は、歯周病になるリスクが高いのです。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

前へ