医院ブログ

2022.06.23更新

​​「歯茎からの出血」にすぐ対応するべき理由とは?

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日は「歯茎からの出血」にすぐ対応するべき理由についてお話しします。

 


歯磨きなどをしていて、歯茎から血が出た経験のある方は少なくないはずです。

ただ、通常の歯磨きで歯茎から出血するのは好ましいことではありませんから、基本的にはすぐに対応する必要があります。

 

 

1:「歯茎からの出血」はなぜ危ないのか

歯茎から血が出る場合は、歯茎が腫れて歯肉炎に陥っているのかもしれません。そして歯肉炎がエスカレートすると歯周病になってしまいます。

「自分は歯周病である」と自覚している方は少ないものの、20歳以上の人の8割程度は歯周病にかかっているとされています(ただし歯周病の程度は様々です)。

 
そして歯周病が悪化し続けると最後には歯が抜けます。

健康的な歯茎であれば、ブラッシングをしたくらいで出血する可能性は非常に低いです。

ですから歯茎から血が出たのであれば、歯や歯茎のコンディションを確認することをおすすめします。歯石が付着していたり歯茎が腫れていたりする場合は、すぐに歯医者に行きましょう。

 

 

2:歯周病になるとどうなる?

・歯茎が腫れ、変色する

通常の歯茎は淡いピンク色です。しかし歯周病に陥って歯茎が腫れると、歯茎が濃い赤色になるケースが多いです。

そのため歯茎が赤色になっているのであれば歯周病を疑いましょう。
「歯茎の内部にある免疫を有する細胞」が歯周病菌と戦うことにより、炎症が発生しているのだと考えてください。


そしてきちんとブラッシングをして歯垢を除去することが大事です。特に歯周ポケットに歯垢を残さないようにすることが非常に重要と言えます。


歯茎から歯周病菌や歯垢を取り除くことができれば、歯茎の腫れはおさまっていきます。また、歯茎から血が出にくくなり、歯茎が引き締まっていきます。

元の状態にもよりますが、肉眼で見ても分かるくらいに歯茎のコンディションが良くなっていくことでしょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 
 
東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.06.03更新

神経を取った歯の寿命が短くなるのはなぜ?

 

 

松本デンタルオフィスです。

歯の神経が虫歯によるダメージを受けても、神経を早めに取れば歯を残せる可能性が高いです。
しかし神経を取った歯は通常よりも寿命が短くなります。
それはなぜなのでしょうか。主な理由は2つあります。

 


■栄養が届かなくなるため

歯の神経によって歯全体に栄養が運ばれます。その神経がなくなってしまえば、歯に栄養が届かなくなります。

そして神経が存在する歯は弾性が高いため頑丈ですが、神経を取ってしまうと弾力がなくなって、割れたり折れたりしやすくなります。

ちなみに歯根が折れることを指して「歯根破折」と呼び、これが発生すると基本的に歯を抜くしかなくなります。

 


■異変を察知しにくくなるため

神経を取ると痛みが生じなくなりますから、虫歯などの異変が起きても察知しにくくなります。

もちろん一定以上に悪化すれば痛みがなくても気付けますが、その頃には症状がかなりエスカレートしていてもおかしくありません。


ちなみに歯の神経を取る施術のことを「根管治療」と言います。

これは様々な歯科治療の中でもとても難しいものであり、失敗してしまうこともそれほど珍しくはありません。

根管治療におけるミスとしては「細菌の取り残し」が多いですが、根管の中に細菌が残っていると、歯根の先端辺りで細菌感染が生じる「根尖性歯周炎」のリスクが上がります。


そして根尖性歯周炎が酷くなっていくと、抜歯しなければならなくなる可能性が高くなり、歯の寿命も短くなってしまいます。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

 

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.05.25更新

インプラントが向いている人とは?

 

松本デンタルオフィスです。

 

歯を失った時の選択には、インプラントの他、入れ歯、ブリッジ等があります。

これらの補綴治療には、それぞれメリットとデメリットがあるため、患者様も深く悩まれる部分だと思います。

今回はその内、”インプラント”に焦点を当て、入れ歯やブリッジよりもインプラントが適しているケースについて、詳しく解説していきます。

 


◎入れ歯が合わなくて悩んでいる方

インプラントは比較的新しい治療法の1つなので、以前は入れ歯を使用していたという患者さまも多くいらっしゃいます。

入れ歯から、インプラントに変えた患者さまの多くは、入れ歯に不便を感じていた人がほとんどです。

食事の際に楽しめない、人と会話するのが苦手になった、お手入れが面倒等、入れ歯が合わないと感じている患者さまにはインプラントをおすすめしています。

顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラントであれば、食事も会話も楽しめますし、お手入れも自分の歯と同様に行えます。

 


◎周りの健康な歯を大切にしたい方

入れ歯やブリッジといった補綴治療を選択すると、周りの健康な歯を削る必要があります。

特にブリッジの場合は、支台歯となる周囲の歯を大きく削るため、健康な歯を維持したい患者さまには抵抗があるかもしれません。

インプラントの場合は、周囲の歯を削ることなく治療が受けられるので、できるだけ自分の歯を残したい方におすすめです。

 


◎自分の歯のように噛みたい

何らかの理由で歯を失ってしまった時の治療に期待するのは、”噛む”ことが問題なくできるかどうかです。

もちろん、天然の歯には及びませんが、インプラントは、他の補綴物よりも自分の歯により近い噛み心地を実現することができます。

 


◎審美性を高めたい

歯を失ってしまった時に気になるのはやはり審美性です。さまざまな補綴治療がありますが、審美性に長けているのはインプラントです。

インプラントには、天然の歯の色合いや質感、ツヤを再現できるセラミックを使用しています。

また、人工歯根を埋めることで、見た目は天然の歯のようにみえるのが最大の特徴です。

 


◎まとめ

インプラントは、食事や会話を今まで通り楽しみたい方、また審美性を気にされる方におすすめの治療方法です。

インプラントに関するご質問等がありましたら、当院までお気軽にご相談ください。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

 

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.05.05更新

インプラントの禁忌症とは?

 

松本デンタルオフィスです。
本日はインプラントの禁忌症についてお話ししますね。

 


インプラントの禁忌症というのは、病気や疾患が理由となり、インプラントを受けない方が良いとされるケースのことです。

ただし、インプラント禁忌症の全てのケースでインプラントが行えないということではありません。

例えば、切開範囲の狭いフラップレス手術を用いてインプラントができるケースなどもあります。

また、理由となる病気や疾患に対して、担当医との連携を取り、症状をコントロールすることでできるようになるケースも存在します。

 


◎心疾患

心疾患とは、心臓の病気の総称であり、心筋梗塞や狭心症、不整脈、心不全等の病気を指します。インプラントの手術は、外科手術となりますので、当然心臓にも負担がかかります。

そのため、心疾患の一部では、インプラント禁忌症と診断されることもあります。

内科の先生と歯科医が連携を取り、症状をコントロールすることでインプラント手術を行えるケースもあります。

 


◎脳血管障害

脳血管障害とは、脳にある血管に障害があることで引き起こされる脳卒中等の病気を指します。

脳血管障害の既往歴のある患者さまの場合でも、併発している疾患や運動障害のない場合に限り、インプラント手術を行える可能性があります。

 


◎消化器疾患

胃や腸、肝臓等の消化器に疾患のある患者さまも、インプラント禁忌症といえます。ただし、肝硬変等の疾患でも末期や急性でない限りは、問題なく手術が受けられます。

胃や腸の疾患については、薬の影響を受けることも多いため、かかりつけの内科医との連携は必須となります。

 


◎腎機能障害

腎機能障害とは、腎不全や腎障害といった病気を指します。腎機能障害のあるケースは、術後の経過が遅くなることもあるため、手術そのものが禁忌症として扱われます。

ただし、こちらも症状がある程度コントロールできているケースでは手術が可能です。

フラップレス手術の場合は、切開箇所を狭くすることが可能なので、手術を受けられる可能性が高まります。

 


◎骨粗鬆症

インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋め込み、結合するのが目的です。

骨粗鬆症の患者さまの場合は、結合が阻害されることもあるため、インプラント治療が行えないケースもあります。

骨粗鬆症に関しては、現在の進行具合により手術ができるかどうかが大きく変わります。

主治医の先生とも良く相談させていただき、手術ができるかどうかを決定いたします。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.04.27更新

インプラント治療にリスクはあるの?

 

松本デンタルオフィスです。
本日はインプラント治療の主なリスクを3つお話しします。

 


リスク1:インプラント周囲炎

ブラッシングのしにくさやメンテナンス不足の影響で、インプラント周囲炎になる可能性があります。

「インプラントの付近に食べ物のカケラや汚れが付着し続けることで発生する炎症」のことをインプラント周囲炎と言います。
歯茎から血が出たり、膿んだり、腫れたり、痛みが出たりするのですが、最初のうちは自覚症状が出ない場合も多いですから、「自覚した頃にはすでにかなりエスカレートしてしまっている」というケースも珍しくありません。

ですから、インプラント手術が完了してからも、必ず定期的に病院に行って経過観察を受けましょう。

 


リスク2:金属アレルギー

インプラントに金属が用いられることもあります。アレルギーを招きにくいチタンを利用するのが普通ですが、それでもアレルギー症状が出る可能性はゼロではありません。

金属アレルギーがあると判明している場合は事前に医師に知らせてください。
また、治療前に皮膚科などで「金属アレルギーの有無の確認」をした上で、アレルギーが発生しない金属を選んでインプラント手術をします。

ただ、チタンアレルギーをお持ちの場合、インプラント治療はできませんから、他の治療方法で対応するしかありません。

 


リスク3:持病に関するリスク

骨粗しょう症の方がインプラントを埋め込むと、骨とインプラントが適切に結合せず、正常に定着しないケースがあります。また、糖尿病の方がインプラント施術をすると、きちんと回復せず、歯周病菌に感染してしまう恐れがあります。

最初に自分の持病を紙にまとめるなどして、診察のときに医師に提示してください。
また、かかりつけ医と連携すれば、糖尿病や骨粗しょう症の方でも、インプラント治療が可能となるケースもあります(必ずインプラント治療を行えるというわけではありません)。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.03.26更新

虫歯になりやすい人ってどんな人?

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日は虫歯になりやすい人の特徴についてお話しします。

虫歯になりやすい人は、次のような口内環境を持っている人が多いです。
歯並びが悪いこと、唾液が少ないこと、歯周病により歯茎が下がっていること、被せものや詰めものをたくさんしていることなどです。

1つ1つ解説していきますね。

 


『①歯並びが悪い人』
歯並びが悪いと、日々の歯ブラシの際に磨き残しが多くなります。
上手く歯ブラシを当て、丁寧にお手入れしないと歯垢が残ってしまいやすいので、結果として虫歯になりやすくなります。

また、歯ブラシと併用して使用したい歯間ブラシやデンタルフロスも使いにくくなるので、自分で掃除するのにも苦労します。

矯正治療を検討してみても良いかもしれません。

 


『②唾液が少ない人』
唾液の分泌量が少ない人も虫歯になりやすい人だといえます。

唾液には、歯を綺麗に保つ以下の役割があります。

・食べ物による口腔内の賛成を中和(pH緩衝作用)
・初期の虫歯である脱灰を自然に治癒する(再石灰化作用)
・歯垢や食べカスを唾液で洗い流す(自浄作用)
・虫歯菌や歯周病菌から歯を守る(抗菌作用)

薬の副作用や日々のくせなどによって唾液の分泌量が少なくなると、これらのはたらきが上手く動いてくれなくなります。

虫歯になりやすい環境となってしまうので、注意が必要です。

 


『③歯茎が下がっている人』
歯周病が原因となり、歯茎が下がってしまうと虫歯になりやすくなります。
これは、歯根にある象牙質がむき出しになってしまうことが原因です。

表面のエナメル質と比べ、象牙質は柔らかいので、より虫歯になりやすいのです。
また、歯と歯の隙間に食べ物が入り込みやすくなることも懸念材料の1つです。

 


『④被せものや詰めものをたくさんしている人』
口腔内に被せもの、詰めものが多い人は虫歯になりやすいです。
歯ブラシではなかなか落とせない隙間ができてしまうので、歯垢が蓄積してしまうのです。

また、目視できない部分ですので、虫歯になったとしても気づきにくく、重症化してしまうこともあります。
レントゲンを使ってみて、初めて虫歯に気付く症例もあるくらいです。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.03.13更新

根管治療が選択肢に挙がるケースとは?

 

松本デンタルオフィスです。
本日は根管治療が選択肢に挙がるケースについてお話しします。

「歯を残して、神経のみを抜く治療法(根管治療)」とはどのような治療方法なのか解説いたします。

 


『治療方法の概要』
虫歯の箇所だけを削って除去して、歯の神経を露出させて取ります。
そして丁寧に消毒を行い、治療箇所に薬品を入れて、虫歯の再侵入を防止します。

また、虫歯がエスカレートしているなどの理由で被せ物が必要となるケースでは、歯の土台を入れることになります。
歯を抜くことはなく、虫歯の箇所を除去してから歯の治療をします。

 


『根管治療が選択肢に挙がるケースとは?』
・重症の虫歯があるとき
・酷い知覚過敏であるとき
・歯にヒビが入ったとき

主にこれらに該当する場合は、根幹治療が採用されるかもしれません。
それぞれについて解説していきます。

 


【1】重症の虫歯があるとき
虫歯がエスカレートして、虫歯菌が歯髄まで届いた場合は、神経を除去するケースがあります。
虫歯を理由とする炎症を放っておくと、徐々に広がっていく事になります。その影響でリンパが腫れて、熱が出るなどの恐れもあります。

また、虫歯が神経に届いて炎症が発生すると、「歯髄炎」に陥り、強い痛みに襲われることになります。そのまま放置していると、神経が壊死してしまう場合が大半です。

壊死するとだんだん神経が腐敗していき、歯が灰色や黄色に変色したり、口臭が強くなったりする恐れもあります。
さらには歯周炎等の重い炎症の引き金になるケースもありますから、必要に応じて神経を除去することが大事です。

もちろんこのレベルの虫歯になる前に、歯医者に行って適切に対処してもらうことが重要と言えます。

 


【2】酷い知覚過敏であるとき
知覚過敏になると神経の炎症や虫歯がなくても、歯ブラシの毛先や冷たいものなどによってしみる(痛くなる)ことになります。
これは歯の象牙質が露出してしまっていることが原因です。象牙質は歯髄(歯の神経)を包んでいますから、接触した際の刺激が神経に伝達しやすいと言えます。

そして重度の知覚過敏であるときには根幹治療をする可能性があります。ただし、原則として知覚過敏で神経を除去することはありません。

 


【3】歯にヒビが入ったとき
歯にヒビが入ったとき、特に歯の神経にまでヒビが届いているケースでは、歯の神経を除去する場合があります。

ヒビが神経にまで届くと神経が菌におかされてしまい、炎症のリスクが高くなります。

そして炎症を防止するためには内部を清掃・消毒する必要があります。この治療をするにあたって神経を除去することになります。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.02.24更新

インプラントを長持ちさせる3つのポイント

 

 

松本デンタルオフィスです。
本日はインプラントを長持ちさせる3つのポイントについてお話しします。

 


【1】定期的なメインテナンスを受ける
インプラントが終わっても、定期的な検診を受けることをおすすめいたします。
定期健診の回数や頻度は口腔内の状態、医師の判断によっても異なります。
担当歯科医師や歯科衛生士の指示に従い、自分でもケアを怠らないように努めていきましょう。

メインテナンスでは、虫歯や歯周病の予防、噛み合わせや歯並びの変化も見られます。
お口全体の状態を見て、最善の方法がとられますので、インプラントの寿命を延ばすためにも必ず通院するようにしてください。

 


【2】生活習慣やセルフケアの改善
インプラントの寿命には、セルフケアや食生活の見直しといった日々の生活習慣が大きく関わってきます。

適切な治療を受けていたとしても、歯磨きを怠ったり、乱れた食生活、喫煙習慣があれば、トラブルが起こりやすくなります。

まずは、歯科医師や歯科衛生士の指導を守り、自分でできうるセルフケアに努めてください。
歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使用するのも有効です。

 


【3】異変がある時はすぐに相談する
定期検診やメインテナンスに通っていたとしても、インプラントのトラブルが100%予防できるわけではありません。

違和感や痛みなど、症状を感じた時には早めに歯科医院に相談し、適切な処置を受けるようにしましょう。

 


少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.02.11更新

ホワイトニング治療の禁忌症とは?

 

 

松本デンタルオフィスです。

ホワイトニング治療は誰でも受けられる訳ではなく、
ホワイトニング治療を避けた方がいい場合やホワイトニング効果が得られない歯というのがございます。

本日はホワイトニング治療ができない絶対的禁忌症と相対的禁忌症の2つについてお話しします。

 


『絶対的禁忌症とは?』
絶対的禁忌症とは、カタラーゼを持っていない無カタラーゼ症の患者さんのことです。

カタラーゼ酵素にはホワイトニング時に使用する薬剤内の過酸化水素を分解する働きがあります。
ですが、カタラーゼを持っていない(無カタラーゼ症)患者さんは過酸化水素を分解できず、重篤な口腔疾患を招いてしまうリスクがあるためホワイトニングをお受けできません。

 


『相対的禁忌症とは?』
妊婦・授乳中の女性は相対的禁忌症となります。

これは、妊娠や授乳中にホワイトニング治療をして問題が生じたという報告はありませんが、安全性の立証を得られていないためホワイトニング治療は控えるようにお願いしております。

もちろん出産・授乳期間が終了すればホワイトニング治療を受けることができます。

 


少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 


東大和市、小平市の歯医者・インプラント治療なら
『 松本デンタルオフィス 』
所在地:東京都東大和市清原4丁目10−27 M‐ONEビル 2F
電話: 042-569-8127

投稿者: 松本デンタルオフィス

2022.01.19更新

矯正相談のご予約について

 

こんばんは。松本デンタルオフィスです。
日頃より当院をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 

本日は「13歳以下のお子様の矯正相談」についてのお知らせがございます。

現在、たくさんの患者様から矯正のご相談をいただいており、13歳以下のお子様の相談をお受けできるのが、「3ヶ月程度先」のお約束になってしまいます。

 

ご不便おかけしますが、ご予約の際には予めご了承下さいますようお願いします。

 


松本デンタルオフィス
院長 松本 圭史

投稿者: 松本デンタルオフィス

前へ